2004年9月25日

今の自分に必要なもの

僕が面談カウンセリングで実際によく使っているネタです。
宿題にすることもありますし、「天職探し」「目標設定」などのテーマの場
合には、カウンセリング中に使うことも多いエクササイズです。

以前紹介しました「好きなものリスト」の応用編とも言えます。
http://www.counselingservice.jp/relax/archives/000381.html

今の自分に何が必要なのかを教えてくれますから、少し時間を取ってチャレ
ンジしてみて下さいね。

1.好きなもの/したいこと/欲しいものを見つける

最低でも50個集めてみましょう。
物でも、人でも、抽象的なものでも何でも構いません。
「旅行」とすると一つだけですが、「ハワイ」「ニューヨーク」「香港」
「パリ」に行きたいとすれば、それは4つと数えます。

出来るだけ細かくしてみるのもポイントですよ。

面談で宿題にするときには「年齢×10個探してください」って言います。
30歳の方なら、300個。

すぐに集めなくても、しばらく時間かけてみるのも効果的ですよ。


2.ジャンル分けをしてみよう

集まった好きなものをジャンル分けしてみましょう。
ジャンルはあなたが思いついたもの、何でもいいです。
「何か南の島系が多いなあ」
「人に関わるところが多いかな〜」
「なんか物欲がすごいみたい。満たされたいんかな?」
など、ブツブツ言いながらリストを眺めてみると面白い発見が出てきます。

ジャンルの数も自由でいいんですが、あんまり多いのも何なので3〜7つ程
度に纏められるといいですね。

ここで出てきたジャンルが、今のあなたに必要な方向性を示してくれます。

「南の島」⇒「癒されたいのかな?開放感が欲しいのかな?」
「人に関わる」⇒「コミュニケーションを学びたいのかな?」
「物欲」⇒「寂しいのかなあ?満たされたいのかな?」

という風に、ジャンルをイメージ化してみるとより分かりやすいと思います。


3.プランニング

ジャンル分けして出てきたものを、次は実行に移します。
旅行プランを作るような本格的なものでもいいですが、それは大変なときも
あろうかと思うんで、次のように考えて見ましょう。

「そのジャンルを満たす、今日出来ることは何?」

例えば、「南の島」って出てきたとしても、すぐに沖縄に飛んでいくのは
難しいですよね(沖縄以外に在住の方)。

そういうときは「南の島」を感じさせてくれる何かを探してみましょう。

単純に「沖縄料理を食べる」でも可。
「インターネットで南の島のサイトを見て回る」でも可。
「近くの海までドライブしてみよう」ももちろんOK。
「旅行パンフレットを集める」のも面白いですよ。

そうして、毎日何かしら「今の自分に必要なもの」を与えてあげられると、
気分もより上向きになっていくのではないでしょうか。


from Hiroyuki Nemoto

2004年9月17日

良いサインを探してみよう 

日常で、良くないこと、気分が悪いことが起きると、みなさんはどんな風に
なりますか?

私達は、良くないことが起きると、どうしてもその事実だけに耳を傾けてし
まいがちになってしまいます。
ある意味、それだけ回りの影響力を引き受けている(関わっている)わけで
すから、悪いことばかりとは言えませんが。

でも、ひどく影響を受けてしまうまと、ほんの些細なことであってもその気
分の悪さが倍増していって、ものすごーく最悪な気分に陥ったりしません
か?
まるで、その感情が自分の世界すべてのようになってしまい、どんどん一人
きりの世界に入っていくような感じですよね。
そこでは、まだ起こってもいないようなネガティブなストーリーがどんどん
出てきます。

でも、そんな時にこそ、顔をあげて、しっかりと外を見つめてみて欲しいん
です。自分、ではなくて、外の世界・周りの景色や人を。

悪いことがある時、必ず良いことも同時に起こっています。
でも、あまりにも悪いことにばかり囚われてしまうと、良い方のサインを
キャッチできなくなってしまいます。

例えば、
大嫌いな人の中にも、頑張って探せば(笑)ひとつくらいいい要素を見つけ
られるかもしれませんよね。

すごく怒られたんだけれど、その中にもその人なりの愛情を見つけられるか
もしれません。
ただ怒られて悔しいと思うのか、それでも相手の気持ちも一緒に感じられる
のか、同じようでも、その後自分が受ける影響は大きく変わってきます。

また、上手くいかなくてイライラしちゃう時に限って、とても親切にしてく
れる人に出会えたり。
何にも縛られてない時だからこそ、そういう小さなことにも純粋に感謝でき
るのかもしれません。

でも、自分の世界に入ってしまうと、どうしてもそういう良いサインを見落
としてしまいます。一人きりの孤独な世界にいるわけですから。
そこではどんどん怖れが強くなってしまいます。

もちろん、あまりにもひどい状況が起こるとそんな余裕はないかもしれませ
んね。
そんな時は、気のすむまで落ち込んでみるのもひとつだと思います。

でも、十分に休んだら、勇気を出して、ちょっと顔を上げてみましょう。
貴方を幸せに導いてくれるサインを探し求めてみてください。
ほんの小さなことでも、それがきっと大きな幸せへの入り口になると思いま
すよ。


from Junko Shiota

2004年9月11日

夏の疲れをとって深い眠りを得る

秋とは言っても、まだまだ昼間は暑さが残り、夏の疲れが出やすい時期です。
小学校や中学校の時には、2学期が始まっても、しばらくは午前中だけの授業
だったのも、この時期でした。

ちょっと疲れたかな?って思った時には、無理をしないで下さいね。

さて、そんな時期におすすめするエクササイズを今日は御紹介します。
いつも僕が寝る前にやるものですが、みなさんもやってみてくださいね。

まずは寝床に入って、楽な姿勢になってください。
体の力が抜けて、リラックスできるまで深呼吸を続けてください。

リラックスできたら、あなたのことをいつも見守ったり、応援してくれる神様
(実際にいるかどうかはわかりませんが)がいると思ってみてください。

心理学的に見ると神様は、守ってくれるという象徴なので、
心理的に安心感を持てます。

神様の姿は、女神様、力強い男性の神様など、なんでも結構です。
お好きな神様の姿を想像してみてください。

その神様が、あなたの頭上に来て、手をかざしながら、
あなたをリラックスさせるエネルギーのシャワーを送ってると思ってみてください。

エネルギーの色は、あなたのお好みの色をどうぞ。
水色・緑・パステルカラーなど、何でもOKです。
できれば、透明感や温かみのある色がいいでしょう。

あなたは、そのエネルギーをゆっくり吸い込みます。
ゆっくり、ゆっくり鼻から腹式呼吸で吸い込みます。

呼吸を繰り返し、口から息をはき出すたびに、体中の中にいっぱい溜まった、
あなたを疲れさせたエネルギーが出て行くところを想像してみてください。

あなたを疲れさせたエネルギーの色もお好みでどうぞ。
黒・グレー・こげちゃなど、なんでもOKです。

これを繰り返して、あなたを疲れさせるエネルギーと入れ替わりに、
体中が神様のエネルギーで満たされるまで続けてみてください。

至福に包まれた、この上ない気分で、ゆったり・ぐっすり、お休みになれますよ。


from Yasuhiro Mukai

2004年9月 4日

楽しむ

あなたは、どれくらい自分を楽しませていますか?
心から楽しんでいる時、悩みや不安は感じません。また、周りにいる人たち
も楽しくなります。
楽しんでいる人の側には、いつもたくさんの人が集まります。
もし、あなたが孤独だと感じている時は、あなたは楽しんでいません。
勉強にしろ仕事にしろ、どんな嫌なことでも楽しんでできたとしたら、それ
は嫌なことではなくなります。
楽しめない人は、どこかで「楽しんではいけない」と自分をコントロールし
てしまっています。
また、一番大切なのは、あなたが人生そのものを楽しんでいるか、というこ
とです。
もし、人生そのものを楽しめたとしたら、あなたはどんな顔をしていますか?
眉間にシワを寄せていますか?
それとも、笑顔ですか?
楽しいわけですから、おそらく笑顔でしょう。
自分に笑顔がないと思っている分だけ、自分に楽しみを与えていない、そう
思ってください。

【Lesson】
いつも楽しんでいる自分を想像してください。
そして、今、楽しめていないのであれば、それはなぜかと見てください。
楽しめない原因が見つかったら、その原因そのものを笑いとばしましょう。
そして、どんなことがあっても、その中に楽しむ心、遊び心を作り出してく
ださい。
私達の子どものころ、遊び道具といえば、自然でした。ただの棒きれ一つで
も、いろんな遊びができました。
そのときのことを、思い出してみましょう。


from Kenichi Nakahara