2004年10月30日

後悔しない

みなさんは、よく後悔していますか?

「あのとき、ああしていれば・・・」「このとき、こうだったら・・・」
これは、みんなありますよね。

後悔というのは、「変えられない過去」を見続けているだけなので、
何も変わりません。

できることといえば、「なぜあのとき、こうしなかったんだ」と
自分を責めることくらいです。

これでは、いくら後悔しても幸せにはなれませんよね。
では、ここで、大切なことは何でしょう?

それは、「後悔しない」ことです。
言葉で書くと簡単ですが、「何を難しいことを」とおっしゃる人もいるかも
知れません。

「35歳までに必ずやるべきこと(かんき出版:重茂達著)」の本の中に、
「前悔しても後悔はするな!」という言葉があります。

これは、何事にも全力でチャレンジすれば、もし失敗しても後悔しないという
ことが書いてあります。

この本では、このことを「覚悟」という言葉で書いてあります。
私もそのとおりだと思います。

ここでもし、覚悟ができていないとしたら、問題はここにあります。

私は、覚悟を決めるというのは、「自分の責任において、物事に取り組む」
ことだと感じています。

全ては、自分の責任。失敗しても成功しても。

こうなると、成功したときはとてもうれしいですが、失敗したら自分の責任
ですから、ダメージは相当のものになります。

みなさんの心の中に、「失敗したくない」という思いがあればあるほど、
前述の「理由」や「言い訳」を作って行動を制限してしまい、結果として
「やっぱりやればよかった」と後悔してしまう訳です。

もし、どうしても後悔してしまうようでしたら、後悔している内容を書き出し
てください。

そしてもし、後悔しないためには、自分はどんな「責任」を追えばよかったの
かを見てください。
ここで生きてきた「責任」は、あなたが「失敗」を恐れている「恐怖」の源に
なります。

更に、成功したか失敗したかで評価しないでください。
「ベストを尽くせたか、尽くせなかったか」
このことを意識することができれば、後悔ではなく「反省」ができます。

「反省」は、プロセスを未来に生かすことで、後悔は過去に執着することだと
私は感じています。
意味が全然違いますよね。

成功するために、失敗しないために考えるのではなくて、「ベストを尽くす」
ために、意識を使ってみませんか?


from Kenichi Nakahara

2004年10月23日

誰かを好きになる

もし、今、あなたにとって、「好きだ」と思える人がいるとしたら
、それほどあなたを成長させ、幸せにすることはありません。

もし、今、あなたにとって、「好きだ」と思える人がいないとした
ら、これほど寂しいことはありません。

僕たち人間が誰かを、または何かを好きになるということは、それ
だけで僕たちの心を時にはわくわくさせ、また、掻き乱し、そして
僕たちのハートを開く手伝いをしてくれます。


あなたには今、好きな人はいますか?

それはどんな人ですか?

どんな顔をしていますか?

やさしい人ですか?

強い人ですか?

怖がりでしょうか?

怖い人でしょうか?

どんな人でもいいんです。

あなたが好きな人なのなら。

その人はあなたを好きでいてくれるでしょうか?

それとも好きでいてくれないのでしょうか?

でも、あなたは好きなんですね。
その人が。


あなたに今、好きな人がいないとしたら。

ただ、好きな人がほしいと思うだけでもいいのです。

誰かを好きになりたいな。

あなたがもし、そう思ったのなら、それだけで、すでにあなたは、
誰かを好きになれる人、ということなのです。


もし、その人と繋がれないとしたら。

嫌いになることなどできないでしょう?

好きなんだから。

好きな人を、あなたが好きな人のままでいさせてあげてください。

そして、その人が、あなたのことを好きだったことを思い出してく
ださい。

その人が好きだったあなたのままでいましょう。

そうすれば、たとえ、あなたが繋がれなかったその人も、そしてあ
なたも幸せになれます。


あなたが、誰かに「好きだ」という気持ちを伝えたいと思ったら。

もっとその人を好きになってください。

もっとその人のことを考えてしまいましょう。

あなたが、その人が好きだという気持ち。

それがあなたのその人への最高の贈り物なのです。


あなたの「好きだ」と思う気持ちを大事に大事に育ててください。
それは、ただ、好きだと思うだけ。
簡単なようで難しい、難しいようで簡単なことですが、好きだと思
うことは、僕たちの心を豊かにしてくれる、とても素敵な気持ちで
す。


from Atushi Tamura

2004年10月16日

イメージマップを作ろう

私たちの心は、意識、潜在意識、無意識と3つの領域があると、
一般的にいわれます。
(詳しくは、カウンセリングサービスのHPの心理学講座のコーナーをご覧
 ください。http://www.counselingservice.jp/lecture/lec122.html )

そのうち意識が3〜4%と言われています。
ちょっと、びっくりしませんか? 僕はこれを初めて聞いた時、びっくりしま
した。 すごい小さいですね。

残りの96%〜97%は潜在意識や、無意識と言われます。
心の領域のほとんどをしめているわけです。

今回、ご紹介するイメージマップは、この心の領域のほとんどをしめている、
潜在意識や、無意識の力を上手く使って、目標達成を楽に効率よく行おうとい
うものです。


あれを手に入れたい、こんな魅力的な人になりたい、こんな風になってみたい、
そう思うことはませんか?

「こんな魅力的な人になりたい」と思ったとしたら、それは意識上で考えた
ことです。

じゃあ、この思いを潜在意識や、無意識でも思えるようになったとしたら、
意識の領域を差し引いた、96%〜97%領域の力が使えるはずですね。

じゃあ、潜在意識や、無意識でも思えるようにするにはどうしたら
いいんでしょうか?

意識とは、論理や思考の世界、
潜在意識や、無意識は感情や感覚の世界と言われています。

感情や、感覚を使うことによって、潜在意識や、無意識に
「こんな魅力的な人になりたい」という思いを染みわたらせていくことができ
ます。

その一つがイメージを使ったアプローチ方法です。

イメージ(感覚)を使って潜在意識や、無意識に手に入れてたいものを覚え
させていくのです。
そのイメージを使ったアプローチ方法の一つ、イメージマップをご紹介します。


○ イメージマップの作り方 ○

1・画用紙などの台紙となれるもの(ダンボールなんかでもOK)と、
  雑誌を何冊か用意。
  あと、はさみ、のり、マジックを用意しましょう。


2・雑誌からあなたが欲しいと思うものをイメージできるもの、
  なりたいと思うものをイメージできるものを切り取っていきましょう。

  例えば・・・
  結婚したいと思っている人は、
  結婚の象徴である、ウェディングドレスの写真や、絵、等
  新婚旅行をイメージさす海外の写真や、絵、等
  
  あなたにとっての欲しいもの象徴になるものでしたら、なんでもOKです。


3・めいいっぱい、欲しいもの、なりたい状況、なりたい人物像などの象徴を
  雑誌から、切り取ったら、台紙にのりで貼り付けていきましょう。

  この時の、貼り付ける位置は、あなたの好きな位置でOKです。
  

4・「絶対ほしい!」「絶対なってみせる」等、書き込みたい文字が、
  もしあればマジックで書きこんでみましょう。
  イメージマップのでき上がりです。


5・できあがったイメージマップを、いつも目に入りやすい場所に貼っておき
  ましょう。
  (机の前や、玄関や、トイレや、等の毎日目に付けるような場所)
  
   そして、イメージマップを見て「これが欲しいと思ってみましょう。」
  これは、イメージを見ることで、視覚や、感覚等に訴えていき、
  潜在意識や、無意識にイメージマップに貼り付けた思いを染み込ませてい
  くことが目的です。

  潜在意識や無意識の力をかりて、イメージマップに貼り付けたもの
  (物、状況、性格等)を手に入れていきましょう。


台紙や、ハサミを用意をするのは面倒くさいかもしれませんが、
作り方自体は簡単でしょ?

昔、懐かしい夏休みの工作気分ですると楽しいかもしれませんね。

欲しいものや状況を手に入れてみるのにお役立てくださいね。


from Hiroki Hara

2004年10月 9日

感動する

オリンピックの感動も落ち着いて熱い日々から落ち着いた日常へと戻ってき
たころでしょうか?

以前一緒に働いていた友人がこんなことを教えてくれました。
『独り暮らしで、独りでご飯を食べている時でもおいしい時はあえて声に出
して「おいし〜い」(^o^)oO0/〜などと言うとぼけ防止になるんだよ
(笑)』

大切な感動だからと心の中だけにしまっているよりも外側に表現した方が、
他の人にも共感してもらったり、耳から入ってくることによって、再びその
感動をかみ締めることが出来るのかもしれませんね。

そこで、今日は『感動する』ということを意識してやってみてはどうでしょ
うか?
例えば、ご飯を食べているとき心の中で「おいしいなぁ」と思っているだけ
ではもったいないので、『おいし〜い(*^^*)』と声に出してその「おい
しさ」を味わったり、周りに人がいれば一緒に共感したり。
お風呂のお湯に浸かったとき、『あ〜ヽ(=゜∇゜=)ノ 』とか『ふ〜
(〃⌒o⌒〃)』とか声に出してみたり。

嬉しい事があったら、オリンピックで金メダルを取ったかのように『やった
〜〜\\( ⌒▽⌒ )//!!』など。

人恋しくなるこの季節に感動した、嬉しかったというような部分を思い切り
外側に出して誰かとつながってみてくださいね


from Harumi Watanabe

2004年10月 1日

カラダに感謝しよう

生まれてきてずっと一緒に過ごしているこの身体。
小さい頃にはよく転んだりして擦り傷や青あざを作ってしまうけれど、いつ
の間にかそれも消えてなくなってしまいます。
これは、人の身体には自然な治癒能力があるので、ある程度のものは簡単に
治してしまうすごい力をもっているんですが、その治癒能力でも及ばないぐ
らいの大きな病気にかかってしまう時もあります。
その時に身体の大事さに気づかされることが多く、普段は身体のことをおろ
そかにしていることが多いんですよね。

アロマテラピーやマッサージなどは、ちょっと身体が疲れたな・・と感じら
れる時に簡単に受けられる癒しの一つですが、身体の疲れを取ると同時に、
終わった頃には心もリラックス出来てホッ・・とくつろげてしまいます。
身体と心はとても密接しているんだよ、っと教えてくれているのかもしれま
せん。

身体も私たちの大切な一部。
そして、生まれてずっと何十年間も共に過ごしてきている体です。
今日は、私たちの身体に対して感謝してみましょう。
お風呂に入ってするのも、綺麗にしてあげる様を見れますからいいですし、
寝る前のひと時に、ふと今日酷使してしまった体のことをいたわってあげる
のもいいですね。

よく私自身思っていたことですが、はやり女性なので体に対してのコンプレ
ックスは持っているんですよね。。
「このお腹のでっぱりがいやだ」
「なんでこんなに足が太いのよ〜〜!」
なんて、容姿の醜さを敵にしていつも体に向かってひどいことを言ってしま
っていました。
他人に対しては嫌に感じることは言ってはいけない、と気を使ってあげられ
るものですが、不思議に自分に対してはずっと嫌なことを自然に口にしてし
まっているんですよね。

でももし、体自身が話せる能力を持っているとしたら??
すごく嫌がってしまっているんじゃないかな・・。

そう思った時、すごく体に対して悪い言葉を与えてしまっていたな、って反
省しました。

表面上見える部分は、自分の理想とは違って醜く感じられるかもしれません
が、それでも懸命に私の体の機能として日々頑張ってくれているんだよな、
って思うんですね。
もちろん手、足、頭などに分けられる部分以外の内臓に関しても、各機能を
果たすべく動いてくれています。
心は眠ることで意識できるところはお休みできますが、意識を向けなくても
勝手に呼吸などは止まることなく動いています。
そう思ったら、本当に人の体ってすごいですよね・・。


そんな頑張ってくれている体に感謝してあげましょう。

あなたがいつも酷使しているな、って思われるところ、そう思いながらもい
たわってあげてないところを考えてみましょう。
また、嫌ってしまっている部分も一緒に考えてみましょう。
もちろん頭から全身をイメージして丸ごとやってもOKです。

「足さん、重たい体を支えながら歩いてくれてありがとう」
「手さん、物を触わったり動かしたりしてくれてありがとう」
「胃さん、沢山食べるから消化するのも大変なのに頑張ってくれてありがとう」


体は何も言わなくてもずっと働き続けてきてくれています。
感謝する、という言葉の柔らかいやさしいエネルギーを、その体の部分に向
かって、与えてあげて下さいね。


from Tomoe Nakano