2004年11月26日

空を見てますか?

皆さんは空を見上げることが日々ありますか?
私は自分が落ち込んだときとてもよく空を見上げるんです。
天気が良ければ特にいいんですけど、自然から元気を分けてもらうよう
な感じです。
ただぼーーーーっと空を見上げるんです。天気のいいお昼だったり、星
の出てる夜だったり、月が綺麗に見える日だったり。。。

HPの自分の日記でもよく書くのですが、私は人がこの世に生まれるのは、
すごい確率だと思っているんですね。だって自分のとーちゃんが持って
いる、何十億という精子くんのたった一匹が選ばれて、それがかーちゃ
んの卵子ちゃんと合体することで私たちが生まれたわけでしょう?
それだけでもすんごい確率! だけどそれって、この地球が生まれて、
たくさんの進化を繰り返し、ようやく人が生まれて、その人が生きていく
ための環境になったから、今現在、人中心の世の中になったんですよね。
大自然様様ですよ。

その大自然に生まれたってことは、少なからず何らかの意味があって、
私たち一人ひとりが選択されたのだから、落ち込んだときには、その
自然に元気を分けてもらうのが一番いいのかなーって。
そう思うようになってから、私はしんどいとき、疲れたなあって感じるとき
は、天気のいいお昼の日光を浴びたり、月や星の光をただ眺めてます。
そして感じるんです。

ああ、生きてるんだなぁ。。。と。

どんなに私たちが落ち込んでも、太陽や月や星は光を放ってくれます。
何万何億光年と離れた太陽や月や星がその輝きを絶やすことなく今、
ずっと宇宙に浮かんでて、こんな遠くまでとどけてくれるんです。
その光を浴びると、私は不思議と癒されるんです。

私たちはつらいことや嫌なこと、日々たくさん経験します。
だけどそんなしんどい思いが続くと、余裕がなくなっちゃうので、空を見
上げたり、自然を感じたりすることは、ほとんどしなくなります。
そんなときこそ、一度見上げて見ませんか?
寒くなると、空は本当に綺麗に見えることが多いです。
冬の代表である、「オリオン座」。
とても大きな星座なので、どこにいても、結構はっきりに見えるものです。

それをじっと見ていると、オリオンが両手両足広げて私を包もうとしてい
るような・・・。私は見るたびそんな優しいイメージを持ってしまいます。

一度見上げて見ませんか?
そして、自然の光を受けて元気をもらってみてください。

輝く日の光である、太陽。
神秘的な光を放つ、月。
ちりばめられたダイヤモンドのような輝きの星。
あなたなら、どの空を選びますか?


from Noriko Ogawa

2004年11月21日

今ある人生を大切に生きよう!

あなたの人生に登場している、たくさんの人間関係。もしその相手が、
この世から姿を消して、ユウレイさんになってしまったとしたら・・・。

そして、あなたのもとにひょっこりやってきて、ユウレイさんが、
その相手とあなたの関係でのあなたのいろんな過去の思いを、読みとお
してしまいます。ユウレイさんも、あなたにそんな思いをさせていた
ことに気づき、いろんなことを考えます。

あなたは一体どんな気持ちになるのでしょうか・・・。

それでは早速、チャレンジしてみましょう!

まず、ソファーにかけるなどして、楽な姿勢をとってください。
そして、これを読みながらでよいですから、あなたにとって、とても、
不愉快にさせる苦手なタイプの方をイメージしてみてください。

いつものように、イライラ、ムカムカ、してしまうかもしれませんが、
少しの間、ガマンしてくださいね。(^^)

そして、現実にはそうなってもらっては困りますが、イメージの中で、
その方が突然、亡くなってしまって、ユウレイさんになってそれまでの、
自分の行いを反省し、あなたのところへおわびのあいさつにやってきた、
と思ってください。

1あなたはどんな気持ちを感じますか?その感覚を味わってください。

2その方に何かを伝えるとしたら、何と伝えますか?できればそのまま、
 声に出してみてください。

3周囲の方たちはどんな反応をしていますか?

4その方があなたに、本当はあんな態度ではなく、こんな風にあなたと、
 過ごしたかったと言ってくれます。どんな風に過ごしたかったと言って、
 くれますか?またどんな人生を過ごしたかったと言っていますか?

5あなたはその方とどう過ごしたいと感じますか?それをその方に伝えて、
 みてください。できれば声に出してください。

6最後に、ありがとうと感謝の気持ちを伝えて抱きしめてあげてください。
 どんな感情を感じますか?しばらく感情をわかちあった後、お別れを、
 してください。

7その方が、ありがとうと言いながら、天国に昇っていきますので、
 見えなくなるまで見届けたら、意識をあなたのいる部屋に戻して、
 ゆっくり目をあけてください。終了です。

7実際にその方と接する機会があれば、イメージの中で感じたように、
 接していくことを試してみるとよいでしょう。

今回は、あなたにとっての苦手なタイプの方を例にさせていただきました。
あなたにとって、大切な方、ご両親、恋人、ご家族、自分自身でも、
試してみると意外な気持ちに気づくことができるかもしれません。

私たちの限りある命や人間関係を大切にして、今ある人生をより、幸せに
して悔いのない生き方をして、いきたいですよね。また、社会の人々が、
そんな思いをもって過ごすことが、できれば、きっと、この社会は、
もっとよりよいものになるのではないかと思います。

みなさんと世界の幸せを祈って・・・。


from Mikio Shimizu

2004年11月13日

単純作業に集中してみよう         

何かに行き詰まってしまった時、心も体も疲れきってしまった時、
その手を休めてあげて、たっぷりと睡眠をとってあげたり、
何も考えずに、心を休ませてあげることはとても大切です。
カウンセリングでも「とにかくゆっくり心身ともに休めてあげて下さいね」
という言葉は、わりとよく言われます。

そうは言っても、あまりに長い時間寝すぎてしまったり、何もしない状態が
長く続きすぎてしまうと、かえって疲れてしまうこともあります。

そんな時は、無理に寝ようとしたり、何もしないでいようとするよりも、
ちょっとした単純作業に没頭することの方が、
それまでの気分を変える効果が高い場合があります。

ある作家は、ネタに詰まってくると、自分の名前を何度も何度も、
原稿に書き続けるそうです。
ピアニストでしたら、暗譜している子どもの頃に弾いた曲や、練習曲などを
無心に弾いてみるといいかもしれません。

畳の網の目を数えるとか、1から100まで順番に足していくとか、
いらない布に、ただただひたすら波縫いをしていくとか、
眠れない夜に羊を数えることもそうですが、
意味のない単純作業は、結構いろいろあります。
封筒貼りや、パンフレット等の誤字にシールを貼ったりする内職などは、
同時におこづかいも稼げて一石二鳥ですね(笑)

ボーっと何かをしようとしても、いろいろと思い悩んでしまう人などは、
単純作業よりもほんの少しだけ頭を使う(?)「しりとり」もオススメです。
単純すぎるしりとりは飽きてしまう、という人は、
映画のタイトル、とか、アニメの登場人物の名前、とか、
ジャンルをしぼった「しりとり」も、没頭しやすいかと思います。

疲れた時や集中力が途切れた時、
基本的には休養をとってあげることがベストですが、
頭を使わない単純作業に集中することにより、気持ちをリフレッシュさせる
ことも、意外と効果的な方法です。

何もしないでいるよりも、何かをしている方が、
逆に疲れが取れることもあるのです。

自分にあった(疲れすぎたりしない)作業を見つけることが大事ですが、
思った以上に気持ちが入れ替わって、
また新たに何かに集中する力が湧いてきたりします。お試し下さい。


from Hitomi Kitakami

2004年11月 6日

悩みの中で・・・

僕達は、大きな不安があったり、大きな問題を抱えていると、そればっかり
に意識がいってしまって、悩みの中から抜け出せなくなってしまいます。
頭は、ぼうっとして、意識ももうろうと目の前のことすら見えない状態・・
こんな状態では、良い解決策も見つからないし、心も固まってしまいます。
そんな時、今 目の前にあるものを見てみましょう。

<今 私の周りにあるもの>

今、僕の目の前にはスタンドがあります。
長年使ってきたスタンドで、机の端にはさんで固定しています。
小さなスタンドですが、首は自由自在にくねくね回り、暖かい光で、僕に
明かりを与えてくれています。
今、僕は椅子に座っています。
高さ調節ができて、仕事のときは一番高くして座っていますし、リラックス
するときは、一番下まで下げて足を隣の椅子にあげて座ります。
六本の足でいつも僕を支えてくれています。

スタンドは電気がないと明かりはつきません。
家のそとには、その電気を届けてくれる配線が永遠と続いています。
それは大変な工事だったろうし、誰かが一生懸命作ってくれたものです。
その先は、どこかで今も電気を作ってくれている人や機械が存在します。
もちろん、昔 電気を発見した人や照明を発明した人もいます。

六本足の椅子の下はどうでしょう。
固いコンクリートの床が、僕や家具や家族を支えてくれています。
その下はどうだろう・・
マンションなんで下には隣人が寝ているでしょうが、その下はマンション自
体を支える基礎があります。
僕や隣人やマンションを支えてくれています。

その下には、大地。
これは、今 僕をそしてこれを読んでくれている人も支えています。
食物を与え、木を育み、水を貯え、・・・・・・

今 この瞬間も僕達は色んな物や人に支えられ生かされてるんだ、と感じるこ
とが出来たなら、もう一度その不安や問題を与えてる仕事、恋人、家庭、お金
人・・に、意識を戻してみましょう。
彼らが僕に与えてくれているものはないのだろうか?


嫌だ嫌だと思ってる仕事が、自分の本当にやりたいことを、お金を与えてサ
ポートしてくれている。
辛い思いばかりさせるパートナーは、自分が男性として女性として成長するのを
支えてくれているのかも。
足りない足りないと言ってるお金が、今日家族と食べた夕食を与えてくれたこと。
あなたが、絶対許せないと思った人と出会った本当の理由は、あなたが考えてい
ること以外にもあるかも知れない・・

そんな風に見えてきたら、そんな風に感じてきたら、いままでとは全然違う解決
策が見つかるかも知れません。


from Naoto Yoshihara