2005年2月26日

心に春を感じましょう♪

心には現実とイメージの区別がつかないという性質があります。嫌いな人の
顔を思い浮かべただけで、嫌な気分になることって、みなさもあるかと
思いますが、それもこの性質が影響しているんです。

この性質をポジティブに活用すると、心地よい事柄を思い浮かべるだけで
心地よい気分をつくることができます。

今日は、みなさんにとっての春を思い出していただいて、日々近づいて
いる春を感じていただこうと思います。

●心に春を感じるエクササイズ●

インターネットを利用するときに欠かせないのが、検索サイトですが
「ヤフージャパン」さんの検索サイトでは、画像や音声など、文字以外の
検索をする機能がついているのは、みなさもご存知だと思います。
今回のエクササイズでは、その機能を使いたいと思います。

では手順に従ってやってみてくださいね。

1 まず部屋の暖房の温度を少し暖かく調節してみてください。
  春の暖かさをつくります。

2 お手持ちのCDなどの中から春らしい曲を用意してBGMに使ってくだ
  さい。
  私のお奨めは、モーツァルトのピアノソナタ イ長調(K.331)第1楽章
  です。
  ちなみに「モーツァルト ピアノソナタ イ長調(K.331)第1楽章」
  のキーワードで検索すると、見つけることができます。
  
3 パソコンを起動し、ヤフージャパンさんの検索サイト
  < http://www.yahoo.co.jp/ >を開いてください。

4 リラックスした姿勢で部屋の暖かさを春のやわらかくてぽかぽかした暖
  かさだと思って、しばらく感じていてください。

5 検索に「春」と入力し、右横にある、画像のボタンをクリックして
  ください。たくさんの春の?写真がでてきていればOKです。

6 あなたにとって一番のお気に入りの写真はどれですか?
  ゆっくりと春を思い出しながら、探してみてくださいね。

7 ページがたくさんあって、全部の写真を見るのは大変ですから、適当に
  直感でページを開いて探すとよいと思います。

8 写真を見ると、何か感情を感じられますか?もし何か感じられたら
  意識的に誇張して感じながら、さらにお気に入りの春を探してみてくだ
  さい。
  少しづつ、心が春モードになっていくのを感じられたらベストです。

9 お気に入りの写真がみつかったら、画像を開いて、しばらく、眺めて
  いてください。その写真のどんなところが好きですか?

10 もし気が向いたら、パソコンの壁紙や携帯の待ち受け画面に使って
  みても楽しいかもしれませんね。

私もやってみたのですが、同じように、「桜」「梅」でもいい感じの
画像を見ることができました。(^^)

今回のエクササイズは、イメージが苦手な方も簡単にできて、効果的な
内容にさせていただきました。いかがでしたでしょうか?

今年も、みなさんに素敵な春が訪れることを祈っています!!


from Mikio Shimizu

2005年2月20日

本当の気持ちを探ってみよう。

私たちは、日常ではいろんな感情を感じます。
喜び、悲しみ、寂しさ、恥ずかしさ、怒り、etc・・・

時には、感情が邪魔して、自分の本当の気持ちをごまかしてしまったりしてし
まいます。

自分の本当の気持ちを、ごまかしていると自覚があるうちはよいのですが、
それを続けているうちに、本当に自分の気持ちが分からなくなってくる時も
あります。

例えば、恥ずかしいという感情が邪魔して、本当の気持ちをごまかししまう時
があります。

「うちの旦那、もう全然ダメよー。本当に気が利かない人でねー」

恥ずかしさから、人前で、大切な人を大切に扱えず、ちょっとこき下ろして
しまったことってないでしょうか?
なかったとしても、こんな話は聞いたことはないでしょうか?

そんなことを続けている内に大切な人を、こ小馬鹿にする癖がついてしまった
り、不満癖がついてしまったりして、大切な人という気持ちが薄れていきます。
そして、いつしか大切な人に持っていた気持ちがわからなくなってのしまう
場合もあります。

今日のエクササイズは、大切な人を本当に大切に扱えるように、
恥ずかしさや、怒りなどの、感情に隠れがちになってしまう、
大切な人に対して思っている、あなたの本当の気持ちを探ってみるエクササイ
ズに挑戦してみませんか?

このエクササイズのメリットは、
自分が持っている、本当の気持ちに気付けたら、大切な人との関係をより良い
関係にしていきやすくなることです。

恥ずかしさの裏に隠れている、大切な人を大切と思う気持ちが見つかったら、
大切な人を大切に扱っていけるでしょうし。

怒りの裏に隠れている、大切な人に持っている寂しさが見つかれば、
怒っていたのではなく、寂しかったんだと気づけます。
怒りたかったのではなく、愛して欲しかったんだと思えれば仲良くしていきた
いとも思えます。


●自分の本当の気持ちを探すエクササイズ●

今回ご紹介するのは、イメージの力を使いながら行う、
10分ほどのエクササイズです。

このエクササイズは、恥ずかしさや、怒りなど、自分の本当の気持ちを、
ごまかしてしまう感情を、押しのけて本当の気持ちをだせるようにする為、
恥ずかしいと言っている場合じゃない、怒っている場合じゃないという、
状況だったら、私は大切な人になんて言うかな〜ということを考えてみる
ということにチャレンジします。

ですから、できるだけリアルに想像してみることをお勧めします。

臨場感だす為にBGMに凝ってみたりするのも、いいかもしれませんね。


<エクササイズの手順>
1・10程の曲、もしくは5分ほどの曲を用意してみましょう。
  できたら、ロックみたいなガンガン系じゃなくて、癒し系などの
  BGM系がお勧めです。
    
2・あなたの大切な人を一人選んでみてください。

3・用意ができたら、そのBGMを流してみましょう。
  そして、ちょっとイメージしてみましょう。

  あなたが大切な人と二人で過ごしていると・・・

  すると、ラジオからニュースが飛び込んでくるんです。
  
  ピー・ピッピー・・・
  ニュース速報・ニュース速報!
  今まで、レーダーに引っかからず、わかりませんでしたが、巨大隕石が、
  地球に近づいているもようです。
  後、10分程で、地球に衝突する予定です。
  衝突すると、地球は粉ごなになってしまうでしょう。
  皆様、どうか後10分間の人生を悔いなくお過ごしください。
  ピー・ピッピー・・・

  後、残り10分の人生
  今、鳴っているBGMが終わると、地球は粉々になってしまうと想像して
  みてくださいね。

4・あなたが選んだ大切な人の顔を浮かべながら、考えてみてくださいね。
  もし、後残り10分間の 人生だとしたら、
  あなたは、最後の最後の最後に、この大切な人に、なにを伝えてみたいか
  を考えてみましょう。

5・曲が終盤になってきたら、こう思ってみてくださいね。
  『地球がなくなる数分前だなー』って。

  もしも、地球の最後の最後、人生の最後の最後に、あなたが大切な人に、
  最後に伝えたい言葉があったとしたら、あなたはなんて伝えてみたいでしょ
  うか?

  そして、大切な人に、地球最後の時に伝えてみたい言葉を、本当に伝える
  つもりで、大切な人の顔を思い浮かべて、声に出してその言葉を伝えてみ
  ましょう。

  ※心の中で伝えるつもりだけでもOKですが、
   言葉にだすことにより、自分が思ってもみなかった思いがでてきたり、
   自分が気付かなかった気持ちにに気付けたりする時があるので、
   声に出してみることをお勧めします。


大切な人を大切にできるといいですね。(^^)


from Hiroki Hara

2005年2月12日

本当の答えを出す

あなたにとって、人の輪の中に入っていくのが難しい、人の輪の中で、何を
しゃべったらいいかわからない、という経験をしたことはありませんか?

輪の中に入っても、入らなくても落ち着かない。
現実を見たら、特に嫌われているわけでもないし、実際、意地悪をされて
いるわけでもない。
でも、なぜか、自分がとても浮いているような気がする。。。

自分はいったい、人からどう思われているんだろうか。。。?

そんな風に思ったことはありませんか?

集団の中に入る、ということについて、意外に苦手意識を持つ人が多くいま
す。

今回は、そんな苦手意識を持つ方のために、人の輪の中に入っていくコツと
いいますか、すんなり入るためのきっかけとなるエクササイズを紹介したい
と思います。

今回あげた、人の輪の中に入る、という意外にも、いろいろなことに応用で
きる方法でもありますから、試してみてくださいね。


まず、なるべく大きく息をすって、それを一気に吐き出すように、深呼吸を
します。普通なら、ゆっくり吸い込んで、ゆっくり吐き出すのを深呼吸と
考えますが、ここでのコツは、ぐぅっと大きく吸い込んで、ふぅぅっ!と
一気に吐き出すことです。
連続でやらず、少し間をおきながら、ゆっくりこの深呼吸を繰り返します。

それを3、4回繰り返すと、頭が少しだけすっきりします。

そして、まず、普段の自分をイメージします。
目を閉じずにイメージします。
空を見上げたり、部屋の天井を見ながら、あるいは窓の外の風景、何でも
かまいません。
とにかく、目は閉じないようにして、なるべく意味の無いものを見ながら、
イメージします。

そして、なるべく思考を使って、つまり、考えをめぐらすようにその自分を
見てください。

その自分は、どんなことを問題と感じているのでしょうか?
どんなことで悩んでいるのでしょうか?
そして、何を望んでいるのでしょうか?

それを、ただ、客観的に、物理的に見つめます。
ただ、冷静に想像をめぐらしていく感じです。

コツとしては、自分以外の誰かになって、自分をイメージするのが簡単です。

あなたが入りたい、と思う輪の中の人になったつもりになるのが、もっとも
よいでしょう。

カウンセリングを受けられた経験を持つ方ならば、あなたが好きなカウンセ
ラーや、また、今、大人気の細木数子なんていうのでもOKです。
あなたが好きなだれか、魅力を感じる誰かになって、あなた自身をイメージ
します。


そして、イメージした自分、何かを悩んでいたり、つらく思っていたり、
あるいは、問題を感じていたりする自分に、ただ一言、声をかけるとしたら、
どんな言葉をかけるでしょうか?


このセルフワークがうまくいったとき、あなたが自分に掛けた言葉が実は、
あなたの問題を癒したり、突破したりする答えになっている場合が多くあり
ます。

その言葉が、あなたを責めている言葉だったとしたら、あなたは今自分を
責めて、自分を落としめているのかもしれません。

また逆に、あなたを慰めたり、あなたをいたわる言葉だったとしたら、実は
それはあなたの中にある愛情であり、その愛情は、誰かに与えられるのを
待っているのかもしれません。

厳しい意見だったとしたら、今、あなたが勇気をもって人生を変えるとき
なのかもしれません。

なにも答えがでなかったとしたら、あなたは今、あなた以外の誰かの助けを
必要としているのかもしれません。


このセルフワークは、難しそうに見えるかもしれませんが、実は、普段、いろ
いろなところで、意識せず、誰もがみんなしています。

つまり、
「他人なら今の自分をどう見るか?」
ということです。

これは、自分を冷静に、正しく見つめる方法もっとも簡単であり、また、一番
効果的な方法ですが、僕たちは、いつも、
「他人は自分を悪いものとして扱っている」
と考えています。

人は自分をだめな奴だと思っているに違いない
人は自分をバカな奴だと思っているだろう。
彼は私を、女らしくないと思っているはず!
彼女は僕を、情けない奴だと思っているだろう!

そういう風に思うことが多くあります。

でも、これは、単に自分の悪い部分を列挙しているだけで、本当ではありませ
ん。なぜなら、それがあなたのすべてではないのです。


「これだ!」
という答えが出たとき、
また、逆に、
「【理屈は】わかるんだけれど、それだけは嫌」
なんて答えが出たときは成功だと思って間違いありません。

その答えのまま、一度、勇気をだして、あなたが入りたいと思う輪の中の人
たちと関わってみてください。

「自分は何をあんなに悩んでいたんだろう?」

と思ってしまうかもしれません。

from Atusi Tamura

2005年2月 5日

恥ずかしさを感じる

みなさんは、普段からどれ位“恥ずかしさ”を感じていますか?

人から見られて恥ずかしくなったり、褒められて恥ずかしくなったり、
ミスをして、怒られて恥ずかしくなったり。。
“恥ずかしさ”てなるべく感じたくない感情ですよね。

思わず痒くなったり、そわそわしたり、隠れたくなったりしてしまいます。
あまりにもその感覚に抵抗が強いために、恥ずかしさを察知すると、逆に
思いきりハメをはずしたり冗談をいったりしてしまうこともあるようです。

でも、“はずかしい感覚”は、心理学的にみると、決して“恥”なもの
ではなく、実は人との親密感を深めてくれる強力な接着剤になるんです。

恥ずかしさから逃げないで、きちんと受け止めて感じてあげると、
そこからあなたのエネルギー、あなたらしさが外にでてきやすくなります。
大好きな人に見つめられる恥ずかしさも、きちんと感じてあげれば
色気やセクシーさに変わっていくんですよ。“はじらい”なんて言葉も
ありますよね。

たとえ失敗したことで恥ずかしくなったとしても、きちんと受け止めて
感じている姿は、周りが思わず応援したくなってしまうものです。
無理に強がる姿よりも、何故か親近感を感じたりしてしまいます。

そこで、今日はちょっと意識して“恥ずかしさ”を感じてみませんか?

○ちょっと日常を振り返ってみてくださいね。
 あなたはどんなことに「恥ずかしいなぁ…」て感じますか?
 「こういうの照れくさいなぁ…」というようなことはありますか?
 もしあれば、その状況を頭にイメージしながら、はずかしい感情を
 敢えて強く感じてみてください。

 そして何よりも!日常でそういった場面に遭遇した時は、逃げないで
 そのまんま「はずかしー!」ままでいてあげてください。
 顔が赤くなっても、態度が不自然になってもいいんです。
 ただこの感覚に慣れてみましょう。
  
 繰り返し意識することで、この感覚が身体に馴染んでくると、
 周りに発するあなたのエネルギーが少しずつ変わっていきますよ。

○身近なパートナーがおられる方は、こちらもオススメです。

 パートナーに手伝ってもらって、相手とじっくり向き合ってみましょう。
 近くでお互いの目をみて、しゃべらないで(これが大切!)、
 目だけで繋がってみてください。
 最低でも5分間は続けてみてくださいね。
 大丈夫な方は、10分15分〜とチャレンジしてみてください。

 長いお付き合いになればなる程、逆に恥ずかしくなってしまったり、
 今の二人の距離感を実感できるかもしれません。
 もしその雰囲気に1分ともたないとすると、あなたは相当親密感を
 怖がっているということになります。
 そんな時は、恥かしさを感じながらも、少しぐっとこらえて
 目を見つめ続けてみましょう。
 そうすると、恥かしさの感覚からいろんな感情に変化していきます。
 怖れだったり、怒りだったり、ロマンスの感覚だったり。。
 ただでてくるままの感情を感じてみてください。

 きっと、言葉でのコミュニケーションとはまた違ったものが実感できる
 と思いますよ。

“恥じかき”は受け取り上手、愛され上手の秘訣!
ぜひお試しくださいね。


from Junko Shiota