2006年4月29日

滞った関係性を変えてみる

私達は同じ心理的距離を保ち続けると安心したり、安定したりする一方で、
刺激が薄れるために関係性が滞るようになります。
マンネリや退屈、面倒臭さ、倦怠感など、ちょっと腰が重たい感じがするの
は、その証拠かもしれません。
そして、それは人に対してだけでなく、仕事や趣味などモノに対しても同じ
で、「つまらないなあ」「将来が見えないなあ」「このままは嫌だなあ」な
どという気持ち(=心のサイン)として、感じるものです。

もし、あなたがそんな滞った感覚から抜け出したかったり、あるいは新しい
刺激や新鮮味が欲しいと思ったら、ぜひ、試して欲しいエクササイズです。

距離感が滞っているということは、同じものを同じ距離、角度からずっと
見続けてる状態で、ちょうど毎日代わり映えしない風景を同じ窓から見続ける
ようなものです。
ですから、それが当たり前になってしまい、そのものに対してほとんど感情が
動かなくなるんですね。
(楽しくもないけど不安でもないし、まあ、こんなものかな、などと思って
いる)

ですから、改めてその関係性に意識を向けるのは実はとても勇気がいること
で、あまり気乗りがしないものかもしれません。
でも、そういう状態が続くと、その麻痺した感覚はどんどん心を浸食し、
やがては何に対しても何も感じない(=人生に退屈してしまっている)状態を
作り出します。

もし、あなたがここまで読んでこられて、もしそういう関係性にある人やモ
ノを思いついたら、それをメモするなり、頭にしっかりと思い浮かべるなり
して、意識を向けてみましょう。
面倒な感じや重たい感覚がするとすれば、それはとてもいい対象を見つけたと
言う証拠かもしれません。
(今回はその対象が「人」として話を進めさせていただきます。仕事や家な
どのモノが対象の場合は適宜読み替えてくださいね)

では、その人に対して、言えてない「ありがとう」あるいは「ごめんなさい」
を探してみてください。
「○○してくれてありがとう」
「○○でごめんなさい」
どちらでも構いませんが、できればそれぞれ10個ずつ、あるいは片方を20
個くらい探すつもりの方がいいでしょう。

滞ってしまうくらいの関係性ですから、きっと長い付き合い、深い付き合いが
ある相手のはず。
本当ならば10個や20個では足りないくらいの「ありがとう」「ごめんなさ
い」があると思うんです。

そして、それを探すときにすごく重たい感じがしたり、怒りがでてきたり、
寂しさや悲しみ、色んな感情が出てくるようになったら、それはとても上手に
エクササイズが進んでいる証拠です。
滞った関係性が動き始めるとき、そんなネガティブな感情が出てくることが
とても多いんですね。
そのままで大丈夫ですから、他に感謝すること、謝罪することがないか?、
探し続けてみましょう。

もちろん、深い愛情や信頼など温かい気持ちが溢れてきて、爽やかな解放感に
心が満たされることもあります。
そうなると最高ですね。

もし、周りに人がいない状況だとしたら、実際小さい声にでも出して言ってみ
るとさらに効果はアップします。
また手紙のように表現することで、より深く心に染み入ってくるかもしれませ
ん。

本人に直接伝えられなくても、こうして自分の内面で向き合ってみるだけで、
心は動き始めますから、自然とその人に対するイメージや感覚・感情が変化
し、やがては関係性を変えていくこともできるようになります。
(例えば、もう諦めかけていたパートナーとの信頼関係を作り変えたり、
辞めようと思っていた仕事にもう一度情熱を感じたり、ケンカ別れした友達と
もう一度会ってみようと思えたり)。

なかなか自身の感情と向き合うには勇気が要りますが、退屈や倦怠感から
抜け出すアプローチとして、ぜひご活用下さい!

from Hiroyuki Nemoto

2006年4月22日

感じましょう!

コミュニケーションをとる上で、言葉以外のコミュニケーションは、コミュ
ニケーション全体の65%を占めるといわれています。

それは、表情であったり、癖であったり、間であったり、しぐさであったり、
さまざまなものがあります。
それらの「言葉以外のコミュニケーション」は、受け取り側の「感性」が、
コミュニケーションが伝わるか伝わらないかを大きく左右します。
コミュニケーションは、すべての人が伝えたいものの「送り手」であり、す
べての人が「受け手」です。
しかし、相手が伝えたいことを「どう受け取るのか」がわからなければ、自
分の気持ちを「どう伝えるのか」もわからなくなってしまうことがあります。

では、実際「受け取る」ためには何をすればいいでしょう?

それは、いろいろなものを「感じてみる」ことが大切なんです。
人間は、どこかで「当たり前」と思っているとき、当たり前のことに関して
は全く意識しなくなります。
そこには、評価も感謝も、愛情すらも無くなってしまうんです。
もしそうなってしまったら、コミュニケーションに誤解が生じますから、必
ずといっていいほど、トラブルが発生します。
そうならないためにも、「相手を思いやる(気を遣うのではありません)」
気持ちを忘れないためにも、感じることを当たり前としてとらえずに、いろ
いろなものを感じられる自分になってくださいね。

レッスン
よく晴れた日に、外に出てみましょう。
それはベランダでも、玄関先でも、公園でもグラウンドでもどこでもいいで
す。
安全な場所で、迷惑にならない場所で、日光が当たるところであればどこで
もいいです。
そこで、立っても座っても、寝ころんでもいいので(できる場所でやってく
ださいね)ゆっくりと深呼吸しながら目を瞑ってください。

そこで、何か聞こえますか?
車の音、電車の音、飛行機の音、子供の声、サイレン、汽笛、波の音、風の
音など、どんな音が聞こえてきますか?
その音に、耳を傾けてください。

そして、それらの聞こえる音を、色に置き換えると何色になりますか?
赤いですか?
青いですか?
藍色ですか?
浅葱色ですか?
朱鷺色ですか?
山吹色ですか?

ただ、自分が感じるままに、さまざまな音を聞いて、その音から色を連想し
ていってください。

次に、どんな匂いがしますか?
何かおいしそうな匂いがしますか?
嫌な匂いがしますか?
草木の匂いがしますか?
風の匂いがしますか?

それを色にたとえると、何色になりますか?

ただ、そこにあるもの、聞こえるもの、見えるもの、におうもの、味わうも
の、触れるものを、ただ感じてみてください。

そこで感じたものが、あなたの「感性」になります。


from Kenichi Nakahara

2006年4月15日

イメージトレーニングトレーニング☆

心のエクササイズをするときに、よく、「イメージしてください」なんて
言葉が出てくると思います。
その言葉を聞いて、スムーズにイメージできる人もいれば、
「はぁ?イメージ?」と、思う人や、
「思いつかないよぉ(><)」
「イメージできない!!!」
と、思う人も多くいると思うのです。
で、今日は、「イメージって?何よ?どうするの?」を
エクササイズしようかなぁと思います。
なんか変な言葉ですが・・・。

例えば、
『周りの人たちみんなが幸せな顔をしています』それをイメージしてください
に対して「そんなイメージは出来ない」とします。
どうしてイメージ出来ないのでしょう?

「幸せな感覚なんて持った事がないから分からない」
とか、
「今は不幸なんだから、幸せのイメージなんて出来るわけない」
とか、
「私には難しい」
とか、その他にもいっぱい、出来ない理由が出てきますよね。

でも、「イメージ」って、すごく自由なんですね。
「満開の桜をイメージして」と言われると、すぐ頭に浮かびますよね。
どうしてでしょう?
「よく目にしているから出来る」
「満開の状態を知っているから出来る」
と、思うかもしれません。
では、「鳥のように、自分が空を飛んでいる姿をイメージして」
と言われたらどうでしょう?
実際に飛ぶことなんて出来ない、現実的に有り得ない姿なのに、
結構、簡単にイメージ出来ないですか?

イメージする状態が現実的に有り得ようが有り得なかろうが、
イメージするどんな事も、自由に簡単に本当は出来るんですよね。

そんな自由で簡単な事が、「分からない」や「難しい」と言う理由で出来
ないのは、「したくない」が隠れているからです。
そのしたくないと感じている部分を見ていくのも一つなのですが、
私がお勧めするのは、
「自由で簡単な事は、簡単にしてしまおう!」
なんです(^-^)
では、練習しましょう。


ポイント1.自由

簡単な例ですが、「花をイメージして」と言われたら、
ほとんどの人は簡単にイメージできると思います。

でも、きっちりした人、理論的な人は
「どんな花?色は?かたちは?何本ぐらい?」
と考えてしまうかもしれません。
どんな花でもいいし、どんな色でも形でもいいのです。
数も大きさも自分で自由に決めてください。
もっと言うと、その花が現実この世界にある花でも、無い花でもいいので
す。

その物(状況)を知っている分だけ、自分のイメージに厳しいチェックを
入れようとしてしまうかもしれません。
絵を描くときに、下手くそ〜と思うと、描けないですよね。
イメージは誰に見せる、見られる事はないのです。
自分で見る分に、「見られたら恥ずかしい」は無いですよね。

ということで、「あなたの花をイメージしてください」


ポイント2.加筆・修正可能(自由なんだから当たり前ね)

次にイメージする事は・・・「その花を倍にしてください」

さて、そう言われるとどうなりましたか?
数が倍になりましたか?大きさが倍になりましたか?
どっちでもいいですよ(^^)
と言う事で、数を倍にした人は次は大きさを、大きさの人は数を倍にして
ください。
大きくなりすぎて茎しか見えてない人が、もしかしたらいるかもしれませ
ん。
そんな人は、少し小さく戻してくれていいですよ☆

イメージは固定してしまわなくていいのです。
その花たちは、増えたり減ったり、大きくなったり小さくなったり、
色が変わったりと、変化出来ます。


ポイント3.一瞬で・・・(^^)v

イメージは、白のキャンバスに絵を描いていくようなものなのだけど、
白の部分が見えないくらいに色をのせ描いたとしても、
イメージなら消すのも一瞬できると言う事です。
頭いっぱいにお花満開イメージしても、お花見終わりという合図で、
一瞬に消す事が出来ますよね。

と言う事は、嫌な感覚、悪いイメージも一瞬で消えてもいいはず、消しても
いいはず。

心が何かに囚われて苦しいのも、その囚われている何かを消すのは自由なん
ですよね。

イメージトレーニングはとても有効ですよ。
現実にそうなる・ならない、なれる・なれないを考える前に、なりたい姿・
状況を自由にイメージしてくださいね。

では〜。


from Kazuyo Kino

2006年4月 7日

魂の表現

変わりたいのに、なかなか変われない。一生懸命やっているのに、進んでい
ないように感じたり、やるべきことはわかっているのに、出来ない。そんな
事ってないですか?

人は新しい変化を望みながらも、変化をとても恐れています。今まで『頑張
って変わらなかった経験』や、『失敗した時の痛み』が大きければ大きいほ
ど、「変化してもっと悪くなったらどうしよう・・・」そんな不安な感じに
支配されてしまいます。

そこで、今日はそんな恐れを吹き飛ばしてしまうために、「言霊」のパワー
を使って、表現を変えることで、目標の前で立ち止まっているに自分に新し
い変化のエネルギーを持たせてあげるレッスンです。

変化をしようと思っていても、恐れが強いと、ついついネガティブな表現に
なってしまったり、遠い未来でも見ているかのように、未来系の表現になっ
てしまいます。


「出来たら良いなぁ」

「やれたら、やってみよう」

「そのうち・・・」

「良いと思うけど、自分にはちょっと・・・」

「そんなことは、無理です」

「もう少し、早かったらなぁ・・・」


といった『未来系』の表現や『出来ない理由』に関する発言が増えてしまう
んですね。そうすると、「出来ないエネルギー」に心は奪われてしまいます。

「言霊」と言うだけに、私たちが普段発している「言葉」には『魂』が宿り
ます。ネガティブな発言をしていると、魂にもネガティブが宿ってしまいま
す。


「やってみたい」と言う気持ちの中に、「出来ない」というネガティブなエ
ネルギーが入り込んで、「できない」と「やってみよう」の間で心が行き来
している状態で動けなくなってしまいます。


例えば、「幸せな自分をイメージしてみましょう」と言われたらどうでしょ
うか?

もちろん、元々イメージすることが苦手。という事もあるかもしれません。
もう少し感じてみてくださいね。イメージしようとする前に、「イメージす
ることが苦手」と先に諦めてしまっていませんか?


『イメージしたけど出来なかった』

『イメージ出来ない』


では大きく違うんですね。

そこで、今日は、やれるかどうかはわからない状況かもしれませんが、まず
は表現を変えてみてくださいね。

「イメージは苦手だけど、やってみよう」。「イメージしてみよう」という
表現に変えてみてください。出来ないのは全然問題ありませんよ。でも、先
に「出来ない」って自分に諦めさせないでくださいね。


「出来たら良いなぁ」→「今なら、出来るかも」

「やれたら、やってみよう」→「やってみよう」

「そのうち・・・」→「今、やってみよう」

「良いと思うけど、自分にはちょっと・・・」→「良いんだ。自分にもやれ
るかも、それやろう」

「そんなことは、無理です」→「無理かもしれないけど、出来るところまで
やってみよう」

「もう少し、早かったらなぁ・・・」→「今からでも、できるかも」


という様な感じで変えてみてはどうでしょうか。

悲しいことに、変化を諦めさせる理由は、恐れが強いだけ、いくらでも、溢
れ出てきます。自分がこれ以上傷つかないように守っている部分もあるのか
もしれませんね。自分の中に出来ないって言う絶望感や諦めがたくさんある
のかもしれません。

そこで立ち止まったままでいては、幸せで楽な自分はいつまでも近づかない
ままですから、もったいないですよね。そこで、今日は、ちょっと「勇気」
を出して、「ネガティブな表現」から「前向きな表現」に変えてみることに
チャレンジしてみてくださいね。


皆さんは、どんな表現をして自分を止めてしまっているでしょうか。色々な
表現があるかと思いますが、今日は

「無理かも」
「出来ないに違いない」

と言う表現を

「出来るかどうかわからないけど、やってみよう」

に変えてみてくださいね。


100階建てのビルの屋上に一気に上がろうと思うと、とても無理。っ手思っ
てしまいます。

階段を前に止まっている自分を、「言霊」を使う事で、

「階段」→1段1段上がるていく

「階段」→「エスカレーター」

「階段」→「エレベーター」

と登る手段に意識の変化をつけて、遠くに見える目標を近くに引き寄せてみ
ませんか?


from Harumi Watanabe

2006年4月 1日

春の誓い

春はお花見だけでなく、入園、入学、入社といった始まりの季節でもありま
すね。
子供から学生にかけては、数年毎に卒業と入学があって、その度に新たな
気持ちになることができました。
学校を卒業してからは、自分で意識しないと、気持ちを新たにする機会が
少ないなぁと思います。

私は以前、新入社員の研修の仕事をしていたことがあるのですが、毎年、新
社会人として意欲に燃えて入ってくる新入社員と接することで、初心を思い
出させてもらっていました。
「初心忘るべからず」という言葉もあるように、ときどき最初の気持ちに
戻ってみるのもいいものですよね。

そこで、今回は初心に返るために「春の誓い」を思い出してみましょう!!

1.あなたの履歴書をつくる
幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、会社・・・あなたのたどってきた
道のりをノートに年表にして書いてください。
コメントが書けるよう、それぞれの項目の間を数行空けてください。

(例)
19XX年 いちご幼稚園入園

19XX年 りんご小学校入学



19XX年 ばなな株式会社入社


2.それぞれの入学(入社)時を思い出す
それぞれのときについて、当時のことを思い出してください。
例えば、高校の入学式のとき、どんな制服を着て、誰と、どんな気持ちで
入学式に行きましたか?
入学式に限定せず、入学にまつわる色んなできごとを思い出してみてくだ
さい。

入園式や小学校の入学式など、あまり覚えていないときのことについては、
ご両親などにそのときの様子を聞いたり、そのときの写真を見て、たぶん
こんな感じだったんじゃないかな?とイメージしてみてください。

3.そのときの誓いを思い出す
そのときに思ったこと、心に誓ったことを思い出してそれぞれの項目の下に
書き込んでください。

(例)
19XX年 ばなな株式会社入社
 早く一人前の社会人になりたい。
 自分でお金を稼いで、自立したい。
 「これが私の仕事」と自信を持って言えるような実績をつくりたい。

改めて振り返ると、「あの頃は、こんなことを考えていたんだな」「結構、
がんばっていたんだな」「今も同じこと思ってるな」などなど色々な気づき
があるのではないでしょうか?

4.今、自分に誓うことは何ですか?
ここまでの道のりを振り返って、この先、あなたは何がしたいですか?
どんな自分になりたいですか?
そんな今のあなたの誓いを一番最後に書き込んでください。


これで、新学年、新年度を迎える準備はOKですねo(^-^)o
新たな気持ちで、Go!!


from Kimiko Maeda