2007年1月26日

それを習慣とする

今年の目標は『結婚」なのですが、私には、どうしても超えなければならない
壁があります。


それは、女性としての自信がないという壁です。
女性として自信を持ちたい!!です。

しかし、これまでの私は、さらに輪をかけて自信がありませんでした(^^;
「女らしい」「女性的」、そんな表現は遠い存在でした。

そんな私にどうにかして女性としての自信を持たせようと、大先輩がかなり
強制的ですがこんなチャレンジをするようにアドバイスしてくれました。

それは・・・

「内面が変われば外見もかわる。外見が変われば内面も変わる。
             どっちが先に変わってもいいじゃん作戦」

要は、内面が女らしくなったら外見も女らしくなるけれども、きみは頑固だ
からなかなか内面を変えるのは難しい。なので、内面より先に外見を女らし
くしなさい!ということでした。
そして、以下の5条訓プラスその制限期間を設けられました

その1:毎日スカートをはいて通勤する事
その2:化粧をすること
その3:アクセサリーに興味をもつ事
その4:料理をすること事
その5:鏡を見る事
その6:最低3ヶ月続ける事

多分、普通の女の子の普通の事なのですが、このお達しは私にとってはかな
り厳しく、毎日、自己嫌悪と理想が葛藤していました。
最初の頃は、3日で挫折(><)その度に注意され、その悔しさをバネに、
新たに頑張り。1ヶ月過ぎた頃、ちょっとだけ女らしい雰囲気が身につきま
した。
そして、その数ヵ月後にはとってもステキな彼氏ができました☆

こんなことが言えるそうです。
人間21日同じ事を続けると、それが習慣となっている。

ということで、みなさん今回のエクササイズは、『それを習慣にする』です。
私が先輩から言われたように、なりたい自分になる為にどんな行動が必要か
を挙げてください。具体的にですよ。そしてほんのちょっと頑張れば何とか
できる事。

そしてこれが一番大事です!実際に行動してください。
へこたれても、再度チャレンジしてください。
何度も何度もチャレンジです(^^)

それが習慣となったとき、今までより自分に自信が持てますよ☆

さて、今現在の私はあの5か条を続けているかといいますと、、、
しないことが習慣となってしまいました。

はい。ステキな彼氏の為に再チャレンジですね。


from Kazuyo Kino

2007年1月20日

動きを合わせる

以前、複数のカウンセラーのカウンセリングを受けていたお客様に、

「前から気になってたんですけど、どうしてカウンセラーの人って私がお茶を
 飲むと、皆さんそのタイミングで飲みだすんですか?」

と聞かれたことがあります。

別にそういうルールがあるわけではないんです。多分みんな、相手と動きを合
わせることが打ち解けあいやすくなる近道だということを、誰から教えてもら
うわけでもなく、感覚的に理解していたのだと思います。そして、無意識にや
っていたのでしょう。

それは逆に言うと、打ち解けあってる人たちは体の動きが似やすい、とも言え
るんです。
そういう目線で人の多くいる所へ行くと、人間関係が想像できたりする時もあ
ります。例えば、レストランや喫茶店。

仲の良さそうな人たちを見ていると、片方が机に肘を突くと自然に相手も同じ
仕草をしたり、同じタイミングで笑い出したりしています。
反面、別れ間際のカップルなどは、お互いが違う方向を向いていたり、片方が
話しているのに体が玄関のほうを向いていたりする時もあるんですよね。

相手と仲良くなりたい、信頼関係を築きたいと思う時、コミュニケーションは
とても大切な要素です。でも、コミュニケーションという言葉は、多くの人に
とって会話のことのみと思われやすいのですが、そうではないんです。体の動
きや仕草はとても大きな意味を含みます。

ということで今回のエクササイズは、相手と動きを合わせてみましょう、とい
うものです。

1.意識してみる

 まず、相手と動きを合わせてみよう、という意欲を持ってください。そして
 意識的に動きを合わせてみます。初めのうちはぎこちないかもしれませんの
 で、親しい人にやってみると良いでしょう。

2.タイミング、空気を肌で感じる

 大きい動きほど、合わせるのに無理が出てきますよね。なんで真似するの?
 などと言われかねません。そういう時は、少しタイミングをずらしてすると
 違和感がだいぶ減ります。

 慣れてくると、空気を合わせることで動きにつながりをもたらすことができ
 るようになります。例えば、相手が伸びをした時、自分も息を吐きながらリ
 ラックスするといいわけです。

3.継続する
 
 少なくとも3週間、意識してみてください。すると、自然とできるようにな
 る部分が増えてゆきます。

初めはとても難しかった車の運転も、乗り続けていると慣れてきて、無意識に
動かせるようになりますよね。今回のエクササイズも同様です。
試してみてくださいね。


from Dai Takahashi

2007年1月13日

自分の軌跡をたどる

さて、お正月を機に実家に里帰りされた方も多いのではないでしょうか?
もしくは、兄弟や親戚がお家に集まった方もおられるかもしれませんね。

昔を懐かしんだり思い出したりすると、自分の軌跡をたどることができま
すね。

○お話してみよう○

最近、ご両親や兄弟、幼少時に多くの時間を共にされた方とお話されました
か?
小さいときのあなたのことを一番、よく知っている方がおられるならば聞い
てみましょう。

小さいときの自分は、どのような子だったのか?
幼い時はなにが好きで、どんなことに興味があったのか?
どのように、育ててもらったのか??
などなど。。。

○思い出してみよう○

きっと、周りのみんなは思い出せる限りの、幼少時代のあなたのことを話し
てくれるでしょう。

明るい子だったよ。
優しい子だったよ。
負けず嫌いだったよ。
などなど。。。

そして、さらに聞いてみましょう。

どんなところで明るいと思ったのか?
どんなしぐさを見て、優しい子だと思ってくれたのか?
どうして、負けず嫌いだと思ったのか??

あなたが質問した方が、あなたのことをそう思う(思考)には、なにか原因
(そう思うなにか)があるはずです。

だから、どうしてそう思ったか聞いてみましょう。


◇振返ってみよう◇

どうでしたか?
「へぇ〜、そんなことで自分は喜んでいたのかぁ。」
「そうそう、そんなことあったよね。」

もしかしたら、幼少のときに周りの人に見てもらっていた自分が本当の自分
なのかもしれません。「好きなものは、好き!」「嫌いなものは、嫌い!」
と言えていた素の自分なのかもしれません。

だから、過去を振り返って自分自身を見つめなおしてみると、なにか見失っ
ていたり、なにか空虚な気持ちになっている自分がいたとしたとしたら、自
分の好きや嫌いをもう一度、思い直すキッカケとなるかもしれませんね。


from Taichi Yoshimi

2007年1月 6日

変化と成長を受け取ろう

「一年の計は元旦にあり」と言われるように、この時期、その年の目標や抱負
を決めることが多いですよね。
みなさんはどんな目標や抱負を持たれましたか?

僕も毎年のように目標を立てるのですが、すぐに忘れてしまいます。
そして、毎年同じような目標を懲りずに立てます(笑)

そんな感じで「ずっと同じことばっかり目標にしてるなー」とか「成長してな
いなー」などと思うことはありませんか?

そこでお勧めしたいのが今回のエクササイズです。

「去年の自分ではできなかったけど、今の自分ではできていること」
「去年の自分は持ってなかったけど、今の自分は持っているもの」

これを探して書き出してみてみましょう。

どんな小さなことでもかまいませんし、形のあるものでもないものでもかまい
ません。

もし自分で見つけられなかったら、他の人に聞いて教えてもらうのもいいかも
しれませんね。


自分の成長や手に入れたものを改めて自分で承認して、誉めてあげましょう。
パートナーや友達や家族などで、お互いに承認し合って誉め合うというのもい
いかもしれませんね。

その上で新たな夢や目標に向かって、ますます輝くあなたになっていただきた
いと思います。

From Yoshinori Kimura