2007年5月27日

ネガティブな自己イメージに同意しない!

私が心理学を学び始めて1番最初に学んだ法則は”投影”と言うものです。

”投影”とは、私達はよくも悪くも「自分自身」というフィルターを通して
世界を見ている、と言うものです。
これは私達のココロを構成する中で基本中の基本の部分であり、もっともシ
ンプルであり、かつ1番奥の深いものでもあります。

私達は日ごろ色んなことで「何でそんな扱いされなきゃいけないんだ!」と
か「どうしてそう思われちゃうの?」と傷ついたり、感情逆撫でされたり、
悲しい思いをしたりするのですが、実はそこにも”投影”の法則が働いてい
るのです。

私達は、”自分自身が自分を扱っている事にしか同意できない”という法則
があります。
例えば、髪の毛が薄い人に向かって「ハゲ!」というと相手は傷つきます。
それは相手は髪の事を気にしていれば気にしているほどそうでしょう。
しかし、もしあなたが髪の毛に全く不安を感じていなかったとしたら?
突然あなたに向かって「ハゲ!」と投げかけられた言葉にびっくりはするで
しょうが、決して傷つきはしないでしょう。
現にうちの社長の平はおでぶさんですが、彼は自分のぽっちゃり体質を自身
の売りにしてくる部分もありお気に入りなので、彼に対して「おでぶ」と言
っても彼は傷つきません。時には「そう言いながらも、このおなかに触りた
いんだろ〜。」と喜ぶ始末です(苦笑)
でも、もしあなたがそこまでぽっちゃり体型ではなくてもダイエットに必死
だったとしたら、「太い」とか「丸い」とかのキーワードには敏感になって
しまうことでしょう。

私達は誰かの言葉や態度で傷ついてしまう時には、実は
「そうです。私はそういう人間なんです・・・」
とネガティブな自己評価に同意をしてしまった時なのです。

そこで今回のエクササイズは『ネガティブな自己イメージに気付く』です。

最近あなたが誰かから言われたり、感じたりしてい傷ついたことはなんでし
ょうか?
それを思い浮かべてみてください。
そこにはどんなネガティブな自己イメージが隠れているでしょうか?
例えば「嫌われてないかな?」と傷ついてしまうときには「私は嫌われて当
然の人間だから・・・」という自己イメージが隠れています。
「私って愛されているのかな?」と不安になるときには「私はそれほど素晴
らしい人間じゃない!」と自分の価値を小さく扱っている自分が隠れている
かもしれません。
自分自身がどんなネガティブな自己イメージを持っていて、そしてどれだけ
それに同意してきたのか?を振り返ってみましょう。

ネガティブな自己イメージを手放して、あなたを正当に評価できるようにな
ったときに、本来の自分自身が輝きはじめますよ!


from Hiromi Narui

2007年5月19日

問題を通して与えられている恩恵を受け取る

誰かとケンカした時や仕事で失敗した時や財布を落とした時など、嫌な気分に
なる状況がやってくると、「何で自分がこんな目に遭わなきゃいけないんだ!
?」と思うことはありませんか?
私は、よくあります(笑)

その時、「神も仏もあったもんじゃない!(怒)」と毒づいたり絶望すること
もできますが、それではますます気分が悪くなってしまうだけですよね。

一見不幸な出来事の中にも、自分の成長につながる恩恵が隠されています。

もしも神様がいるのなら、神様はどうしてこのような出来事を自分に与えるの
か?神様にインタビューをしてみることで、与えられているものに気づき、そ
れを受け取っていくエクササイズをご紹介いたします。

<エクササイズ>

「神様(慈愛で世界やあなたの運命を司るような大いなる存在ならば、仏様で
もマリア様でも何でもかまいません)」をイメージしてみましょう。

神様の辞書には、否定、拒絶、批判、攻撃といったものがなく、愛することや
与えること、幸せを願うことしか書いてありません。
そんな神様が天からあなたを見ています。

神様はどんな表情であなたのことを見ているでしょうか?

そうして神様があなたを見ていると、下界ではあなたが嫌な気分になる出来事
が起こりました。

神様は穏やかに微笑みながら、その様子を見ています。

下界であなたが苦しんでいる様子を微笑みながら見ている神様に、このように
聞いてみてください。

「神様は、どうしてこのような出来事をお与えになるのですか?」
「神様は、この出来事を通して、あの下界の苦しんでいる人にどんな恩恵を与
えようとしているのですか?」

愛すること、与えることしかしない神様の口からは、どんな答えが返ってきま
したか?


いかがでしたか?

問題の影に隠された恩恵をいっぱい受け取ってくださいね


from Yoshinori Kimura

2007年5月12日

夢を叶えるリスト〜考えずに出す!

今日は直感を鍛えるエクササイズです。

みなさんは、普段どれ位頭を使っているでしょうか?
せっかくのお休みなのに、「いろいろ考えてしまって、全然ゆっくりした気が
しない!」「疲れがとれてない!」なんてことありませんか?
もしこれに当てはまるなら、自分で思っている以上に頭を使っているのかも
しれませんね。

私達は、何かあるとついつい‘考えて’しまいます。
大事なことほど、慎重になって、あれやこれや失敗のないように考えて
しまいますよね。
でも、考えてあぐねてやったことよりも、何も考えずに気軽にやったことの
方が案外スムーズにいくことってありませんか?

考え(すぎ)ることで、感情を抑えこんでしまったり、自然なエネルギーの
流れを妨げてしまったりもします。
こういう時、感情をじっくり感じていくことも大切なんですが、反対に、
何も考えず、感情にもフォーカスせず、ただ直感で言葉を出していって
ヒントを得る方法もあります。

直感というと難しく感じますが、要は何も考えずに言葉を出す!という感じ
ですね。特に、文章というよりも、出てくる数字を羅列していく感覚で、
短い言葉や単語で出してみるといいですよ。

思いつくまま言葉を出して、自分に必要なものを整理してみましょう。

1. まずは、テーマを選んでみます。
  何について答えがほしいか、明確な方がいいですよね。
   
  今自分が欲しいもの、なりたいもの、夢、なんでもいいです。
  ひとつテーマを選んでみてください。
  できれば、それを得てどんな気分か?も加えてみましょう。

  例 「結婚してラブラブな夫婦になる!」
    「何でも話合える素敵なパートナーをもつ!」 
    「収入を今の倍にする!」
    「大きな庭つきの一戸建ての家をたてる!」
    「独立してイキイキと自分らしく仕事をする!」

  真っ白い紙かノートを用意して、一番上に書いてみてくださいね。
  
2. その下に1〜20まで番号を書いていきます。
    
3. 一分間で‘選んだテーマを得る方法’を20書いていきます。
  きちんと時間に集中できるように、ストップウォッチやタイマーを
  かけておきましょう。

  出てくるまま、シンプルに、ただ言葉を20羅列していってください。
  ひとつに3秒以上かかると思考が入ってしまうので、一分間止まらず
  3秒以内で書きだしてくださいね。

  例 「結婚してラブラブな夫婦になる!方法」なら、
     1. おしゃれ
     2. ○○さんに連絡をとる
     3. 野菜
     4. 棚の整理
     5. 写真はる
     6. ………etc.   
  
  こんな風にして。 
  自分が選んだテーマに全然関係ないようなことが出てきてもOKです。
  どうでもいいようなことに、実は大事なヒントが隠れていることも
  多いですから。

4. さあ、どんなヒントが出てきましたか?
  後は、考えずに実行するのみ!です。
  
  余裕があれば他のテーマでも、同じように書いてみましょう。
  今のあなたに大切なヒントがダブってでてくるかもしれません。
 
考えすぎてるなぁ、詰まってるなぁという時に、今のように徒然なるままに
出てくるものを書いてみるのもいいですね。
思わぬ言葉を書いてしまったり、自分の中からシンプルに答えが出てくる
ことも多いですよ。
一人で抱えて考えすぎないように、誰かに話したり、一人でも言葉にして
書いたりしながら‘外に出す’をやってみましょう。
そうすることで、どんどん直感も鍛えられてきますから!

ぜひ、遊び感覚で気軽にやってみてくださいね。

From Junko Siota

2007年5月 5日

自分に何かを与える

与えるという言葉を聞くと、人に何かを差し出すとか、人のために何かをする
など、誰かに何かを与えるというイメージがでてきやすいかと思います。

与える対象というのは、“誰か”という対象に使える他に、
“自分”という対象にも使えます。

自分に何かを与えるという考え方をするエクササイズをしてみませんか?

このエクササイズを行う意味は2つあります。

1つめは、自分に与えることを考えるということは、
当然、自分のためにという視点で考えますから、自分を大切にするトレーニング
に役立ちます。

また自分に与えていくことは、与えた分だけ自分に入ってくるものがあります
から、心が豊かになっていきます。

2つめは、物の見方考え方の視点を増やすトレーニングで役立ちます。

自分に与えていくことは、自分への投資という見方をすることができます。
例えば、エステを受けるということを、『お金を使うし、時間も使うし、
もったいない』という見方をすることもできますが、自分への投資と考える
こともできます。

そう考えると、もったいないという捉え方ではなく、
美しくいつづけるために、自分を磨くために、よりよくなるためにという見方で
エステを受けるということを捉えるでしょう。そしてエステを楽しめます。

同じ物事でも見方をかえると捉え方が大きく違ってくるものです。
物の見方考え方の視点を増やすトレーニングに役立ちます。

●自分に何かを与えるエクササイズ

手順はシンプルです。

1・1日に1つ、自分に与えるものを考えてみましょう。
  例えば、睡眠を取る時間を自分に与えてみよう!
  自分が魅力的になるために勉強するチャンスを与えてみよう!
  などなど、なんでも結構です。

2・考えたことを実行してみましょう。

3・これを1週間続けてみてください。
  終盤は、「え〜と、今日は何を与えようかな〜?」と、だんだん思いつく
  ネタが無くなってくるかもしれません。
  そこで一踏ん張り考えて、ひねり出すこと自体が自分のためにエネルギーを
  使っているということですから、自分を大切にするトレーニングになります。

よろしければチャレンジされてくださいませ。


from Hiroki Hara