2007年5月27日

ネガティブな自己イメージに同意しない!

私が心理学を学び始めて1番最初に学んだ法則は”投影”と言うものです。

”投影”とは、私達はよくも悪くも「自分自身」というフィルターを通して
世界を見ている、と言うものです。
これは私達のココロを構成する中で基本中の基本の部分であり、もっともシ
ンプルであり、かつ1番奥の深いものでもあります。

私達は日ごろ色んなことで「何でそんな扱いされなきゃいけないんだ!」と
か「どうしてそう思われちゃうの?」と傷ついたり、感情逆撫でされたり、
悲しい思いをしたりするのですが、実はそこにも”投影”の法則が働いてい
るのです。

私達は、”自分自身が自分を扱っている事にしか同意できない”という法則
があります。
例えば、髪の毛が薄い人に向かって「ハゲ!」というと相手は傷つきます。
それは相手は髪の事を気にしていれば気にしているほどそうでしょう。
しかし、もしあなたが髪の毛に全く不安を感じていなかったとしたら?
突然あなたに向かって「ハゲ!」と投げかけられた言葉にびっくりはするで
しょうが、決して傷つきはしないでしょう。
現にうちの社長の平はおでぶさんですが、彼は自分のぽっちゃり体質を自身
の売りにしてくる部分もありお気に入りなので、彼に対して「おでぶ」と言
っても彼は傷つきません。時には「そう言いながらも、このおなかに触りた
いんだろ〜。」と喜ぶ始末です(苦笑)
でも、もしあなたがそこまでぽっちゃり体型ではなくてもダイエットに必死
だったとしたら、「太い」とか「丸い」とかのキーワードには敏感になって
しまうことでしょう。

私達は誰かの言葉や態度で傷ついてしまう時には、実は
「そうです。私はそういう人間なんです・・・」
とネガティブな自己評価に同意をしてしまった時なのです。

そこで今回のエクササイズは『ネガティブな自己イメージに気付く』です。

最近あなたが誰かから言われたり、感じたりしてい傷ついたことはなんでし
ょうか?
それを思い浮かべてみてください。
そこにはどんなネガティブな自己イメージが隠れているでしょうか?
例えば「嫌われてないかな?」と傷ついてしまうときには「私は嫌われて当
然の人間だから・・・」という自己イメージが隠れています。
「私って愛されているのかな?」と不安になるときには「私はそれほど素晴
らしい人間じゃない!」と自分の価値を小さく扱っている自分が隠れている
かもしれません。
自分自身がどんなネガティブな自己イメージを持っていて、そしてどれだけ
それに同意してきたのか?を振り返ってみましょう。

ネガティブな自己イメージを手放して、あなたを正当に評価できるようにな
ったときに、本来の自分自身が輝きはじめますよ!


from Hiromi Narui

2006年4月 7日

魂の表現

変わりたいのに、なかなか変われない。一生懸命やっているのに、進んでい
ないように感じたり、やるべきことはわかっているのに、出来ない。そんな
事ってないですか?

人は新しい変化を望みながらも、変化をとても恐れています。今まで『頑張
って変わらなかった経験』や、『失敗した時の痛み』が大きければ大きいほ
ど、「変化してもっと悪くなったらどうしよう・・・」そんな不安な感じに
支配されてしまいます。

そこで、今日はそんな恐れを吹き飛ばしてしまうために、「言霊」のパワー
を使って、表現を変えることで、目標の前で立ち止まっているに自分に新し
い変化のエネルギーを持たせてあげるレッスンです。

変化をしようと思っていても、恐れが強いと、ついついネガティブな表現に
なってしまったり、遠い未来でも見ているかのように、未来系の表現になっ
てしまいます。


「出来たら良いなぁ」

「やれたら、やってみよう」

「そのうち・・・」

「良いと思うけど、自分にはちょっと・・・」

「そんなことは、無理です」

「もう少し、早かったらなぁ・・・」


といった『未来系』の表現や『出来ない理由』に関する発言が増えてしまう
んですね。そうすると、「出来ないエネルギー」に心は奪われてしまいます。

「言霊」と言うだけに、私たちが普段発している「言葉」には『魂』が宿り
ます。ネガティブな発言をしていると、魂にもネガティブが宿ってしまいま
す。


「やってみたい」と言う気持ちの中に、「出来ない」というネガティブなエ
ネルギーが入り込んで、「できない」と「やってみよう」の間で心が行き来
している状態で動けなくなってしまいます。


例えば、「幸せな自分をイメージしてみましょう」と言われたらどうでしょ
うか?

もちろん、元々イメージすることが苦手。という事もあるかもしれません。
もう少し感じてみてくださいね。イメージしようとする前に、「イメージす
ることが苦手」と先に諦めてしまっていませんか?


『イメージしたけど出来なかった』

『イメージ出来ない』


では大きく違うんですね。

そこで、今日は、やれるかどうかはわからない状況かもしれませんが、まず
は表現を変えてみてくださいね。

「イメージは苦手だけど、やってみよう」。「イメージしてみよう」という
表現に変えてみてください。出来ないのは全然問題ありませんよ。でも、先
に「出来ない」って自分に諦めさせないでくださいね。


「出来たら良いなぁ」→「今なら、出来るかも」

「やれたら、やってみよう」→「やってみよう」

「そのうち・・・」→「今、やってみよう」

「良いと思うけど、自分にはちょっと・・・」→「良いんだ。自分にもやれ
るかも、それやろう」

「そんなことは、無理です」→「無理かもしれないけど、出来るところまで
やってみよう」

「もう少し、早かったらなぁ・・・」→「今からでも、できるかも」


という様な感じで変えてみてはどうでしょうか。

悲しいことに、変化を諦めさせる理由は、恐れが強いだけ、いくらでも、溢
れ出てきます。自分がこれ以上傷つかないように守っている部分もあるのか
もしれませんね。自分の中に出来ないって言う絶望感や諦めがたくさんある
のかもしれません。

そこで立ち止まったままでいては、幸せで楽な自分はいつまでも近づかない
ままですから、もったいないですよね。そこで、今日は、ちょっと「勇気」
を出して、「ネガティブな表現」から「前向きな表現」に変えてみることに
チャレンジしてみてくださいね。


皆さんは、どんな表現をして自分を止めてしまっているでしょうか。色々な
表現があるかと思いますが、今日は

「無理かも」
「出来ないに違いない」

と言う表現を

「出来るかどうかわからないけど、やってみよう」

に変えてみてくださいね。


100階建てのビルの屋上に一気に上がろうと思うと、とても無理。っ手思っ
てしまいます。

階段を前に止まっている自分を、「言霊」を使う事で、

「階段」→1段1段上がるていく

「階段」→「エスカレーター」

「階段」→「エレベーター」

と登る手段に意識の変化をつけて、遠くに見える目標を近くに引き寄せてみ
ませんか?


from Harumi Watanabe

2005年4月 2日

言い訳を言わないようになるために

人は一日にどれくらい言い訳をしているでしょう?
人間という生き物は「言い訳」をする天才です。
おそらくあなたも「できない」「やらない」言い訳を一日に一回くらいは
言っているかもしれませんね。
でも、言い訳をしている自分が、幸せだと思いますか?
言いわけというのは「理由」であって、「できない」「やらない」ことを証
明するためのものですから、人間関係でこのような行動をとると、たいてい
摩擦を生じやすくなります。
そして、言い訳は、すればするほど自分を追い詰めていきます。
この追い詰められた感覚がある分だけ、また「できない」「やらない」言い
訳を作り出してしまうかもしれません。

言い訳をしている時、人は、過去しか見ていません。
過去の自分の経験の中から、傷ついたという思いや失敗した思い出がある場
合、「あんな思いは二度とごめんだ。」と思うのは当然のことです。
そこで、自分を守るための自己防衛本能から、「言い訳」を作り出します。
これは、一時的にホッとすることができますが、根本的に問題の解決にはな
らないので、問題を先送りにしてしまうだけなのです。
すると、問題というのは借金と同じで、先送りにすればするほど利息が増え
て返済が大変になってしまいます。
そうすることによって、より「言い訳の天才」に磨きがかかるのです。
結果として、いつかは向き合わなければいけない問題を先送りにする手段と
して「言い訳」は一番簡単に使える手段となります。

では、言い訳を言わない、もしくは少ない人というのはどんな人なのでしょ
う?
私的な見解ですが、一見他人に利用されやすい人間のように感じますが、何
でもできる、安請け合いするという人は言い訳を言わないというのとは違う
でしょうね。
言い訳を言わない、もしくは少ない人というのは、自分の責任において行動
できる人なのではないかと感じます。
言い訳を言わないことでしんどくなることがあっても、それは自分の責任。
言い訳をしてやるべきことをやらなかったとしても、自分の責任。
自分の責任において、自分の行動を見直したとき、自分の行動のすべてに責
任を持つのって、難しいですよね。

さて、生きていくかぎり、言い訳ばかりして生きていくよりは、自分の責任
で自分のやりたいように生きたほうが楽しいと思えますので、まず、そんな
生き方ができるようなレッスンをしてみましょう。

まず1日だけ、言い訳しない日を作って行動してみてください。
そして、その日の夜に、1日楽しかったのか、しんどかったのか、検証して
みてください。
もし、しんどかったのであれば、どこかで「言い訳したい自分」「責任から
逃れようとした自分」がいることを感じてみてください。
もし、楽しかったのであれば、それは自分の責任で行動できたことになりま
すから、大いに自分を褒めて下さい。
これを2日、3日・・・と、どんどんチャレンジしてみてください。
言い訳はいくらしても構いません。大切なのは「今、言い訳をした」と気付
くことですから、ミスを恐れることなくやってみてください。


from Kenichi Nakahara

2004年11月13日

単純作業に集中してみよう         

何かに行き詰まってしまった時、心も体も疲れきってしまった時、
その手を休めてあげて、たっぷりと睡眠をとってあげたり、
何も考えずに、心を休ませてあげることはとても大切です。
カウンセリングでも「とにかくゆっくり心身ともに休めてあげて下さいね」
という言葉は、わりとよく言われます。

そうは言っても、あまりに長い時間寝すぎてしまったり、何もしない状態が
長く続きすぎてしまうと、かえって疲れてしまうこともあります。

そんな時は、無理に寝ようとしたり、何もしないでいようとするよりも、
ちょっとした単純作業に没頭することの方が、
それまでの気分を変える効果が高い場合があります。

ある作家は、ネタに詰まってくると、自分の名前を何度も何度も、
原稿に書き続けるそうです。
ピアニストでしたら、暗譜している子どもの頃に弾いた曲や、練習曲などを
無心に弾いてみるといいかもしれません。

畳の網の目を数えるとか、1から100まで順番に足していくとか、
いらない布に、ただただひたすら波縫いをしていくとか、
眠れない夜に羊を数えることもそうですが、
意味のない単純作業は、結構いろいろあります。
封筒貼りや、パンフレット等の誤字にシールを貼ったりする内職などは、
同時におこづかいも稼げて一石二鳥ですね(笑)

ボーっと何かをしようとしても、いろいろと思い悩んでしまう人などは、
単純作業よりもほんの少しだけ頭を使う(?)「しりとり」もオススメです。
単純すぎるしりとりは飽きてしまう、という人は、
映画のタイトル、とか、アニメの登場人物の名前、とか、
ジャンルをしぼった「しりとり」も、没頭しやすいかと思います。

疲れた時や集中力が途切れた時、
基本的には休養をとってあげることがベストですが、
頭を使わない単純作業に集中することにより、気持ちをリフレッシュさせる
ことも、意外と効果的な方法です。

何もしないでいるよりも、何かをしている方が、
逆に疲れが取れることもあるのです。

自分にあった(疲れすぎたりしない)作業を見つけることが大事ですが、
思った以上に気持ちが入れ替わって、
また新たに何かに集中する力が湧いてきたりします。お試し下さい。


from Hitomi Kitakami

2004年10月30日

後悔しない

みなさんは、よく後悔していますか?

「あのとき、ああしていれば・・・」「このとき、こうだったら・・・」
これは、みんなありますよね。

後悔というのは、「変えられない過去」を見続けているだけなので、
何も変わりません。

できることといえば、「なぜあのとき、こうしなかったんだ」と
自分を責めることくらいです。

これでは、いくら後悔しても幸せにはなれませんよね。
では、ここで、大切なことは何でしょう?

それは、「後悔しない」ことです。
言葉で書くと簡単ですが、「何を難しいことを」とおっしゃる人もいるかも
知れません。

「35歳までに必ずやるべきこと(かんき出版:重茂達著)」の本の中に、
「前悔しても後悔はするな!」という言葉があります。

これは、何事にも全力でチャレンジすれば、もし失敗しても後悔しないという
ことが書いてあります。

この本では、このことを「覚悟」という言葉で書いてあります。
私もそのとおりだと思います。

ここでもし、覚悟ができていないとしたら、問題はここにあります。

私は、覚悟を決めるというのは、「自分の責任において、物事に取り組む」
ことだと感じています。

全ては、自分の責任。失敗しても成功しても。

こうなると、成功したときはとてもうれしいですが、失敗したら自分の責任
ですから、ダメージは相当のものになります。

みなさんの心の中に、「失敗したくない」という思いがあればあるほど、
前述の「理由」や「言い訳」を作って行動を制限してしまい、結果として
「やっぱりやればよかった」と後悔してしまう訳です。

もし、どうしても後悔してしまうようでしたら、後悔している内容を書き出し
てください。

そしてもし、後悔しないためには、自分はどんな「責任」を追えばよかったの
かを見てください。
ここで生きてきた「責任」は、あなたが「失敗」を恐れている「恐怖」の源に
なります。

更に、成功したか失敗したかで評価しないでください。
「ベストを尽くせたか、尽くせなかったか」
このことを意識することができれば、後悔ではなく「反省」ができます。

「反省」は、プロセスを未来に生かすことで、後悔は過去に執着することだと
私は感じています。
意味が全然違いますよね。

成功するために、失敗しないために考えるのではなくて、「ベストを尽くす」
ために、意識を使ってみませんか?


from Kenichi Nakahara

2004年9月 4日

楽しむ

あなたは、どれくらい自分を楽しませていますか?
心から楽しんでいる時、悩みや不安は感じません。また、周りにいる人たち
も楽しくなります。
楽しんでいる人の側には、いつもたくさんの人が集まります。
もし、あなたが孤独だと感じている時は、あなたは楽しんでいません。
勉強にしろ仕事にしろ、どんな嫌なことでも楽しんでできたとしたら、それ
は嫌なことではなくなります。
楽しめない人は、どこかで「楽しんではいけない」と自分をコントロールし
てしまっています。
また、一番大切なのは、あなたが人生そのものを楽しんでいるか、というこ
とです。
もし、人生そのものを楽しめたとしたら、あなたはどんな顔をしていますか?
眉間にシワを寄せていますか?
それとも、笑顔ですか?
楽しいわけですから、おそらく笑顔でしょう。
自分に笑顔がないと思っている分だけ、自分に楽しみを与えていない、そう
思ってください。

【Lesson】
いつも楽しんでいる自分を想像してください。
そして、今、楽しめていないのであれば、それはなぜかと見てください。
楽しめない原因が見つかったら、その原因そのものを笑いとばしましょう。
そして、どんなことがあっても、その中に楽しむ心、遊び心を作り出してく
ださい。
私達の子どものころ、遊び道具といえば、自然でした。ただの棒きれ一つで
も、いろんな遊びができました。
そのときのことを、思い出してみましょう。


from Kenichi Nakahara

2004年8月28日

秋を楽しむ

今回は、みなさんが、この秋を満足いくものにできるよう、清水三季央オリジ
ナルエクササイズをご紹介いたします。

5段階のステップをご用意しましたので、順に読みすすめていって下さいね。

1秋に意識をむける
2何をやりたいのか探す
3やりたいことのイメージをふくらませる
4感情を感じる
5実行する日程を決め、準備にとりかかる。

1 秋に意識をむける

カレンダーを用意していただいて、ただ、9月〜11月の日付を眺めてみて下さ
い。今年の連休はこんな感じなんだな・・・、3連休が2回、有給休暇を使えば
4連休が4回とれるんだな・・・、なんてことを思いながら、もし、心に湧いて
くるイメージやアイデアがあれば、拾いとって、メモをして下さい。

2 何をやりたいのか探す

さらに、どんなことを楽しみたいか、想いめぐららせてみて下さい。よいアイ
デアが浮かばなければ、旅行代理店のパンフレットや、映画やドラマ、雑誌の
写真やインターネットの情報や図書館にある去年の情報誌を探してみてもよい
でしょう。なんとなく、こんな感じで過ごしてみたいという写真を見つけるく
らいで充分ですし、直感的にすごく気になる写真が見つかったりするとさらに
よしです。

3 やりたいことのイメージをふくらませる

さらに、どんなことを楽しみたいか、イメージをふくらませてみて下さい。例
えば、彼氏が欲しいと思っていらっしゃる場合には、彼氏と一緒に、紅葉の美
しい高原をドライブしている。彼の車はきれいなブルーのオープンカーで、風
がとっても心地よい。森の中にある、高原のレストランで、小鳥のさえずりを
聞きながら、ゆったりと食事を楽しんでいる。といった感じです。

もしイメージの中で悪い出来事が起こってしまったときは、時間を少し戻して
いただいて、イメージの中で、悪い出来事が起こらないように事前に対処して
いる状況をイメージするとよいでしょう。

4 感情を感じる

細かくイメージをふくらませたら、リラックスした姿勢で、目を閉じて、その
イメージの中にいる自分になりきってその場面で感じる感情を感じてみて下さい。

いろんな場面があるでしょうから、一番楽しいうれしい場面だけでもOKです。

ポイントは周りの音、気温、肌で感じる感覚、香りなど、視覚だけでなく、五
感で感じることができると、感情はさらにリアルに感じられます。その感情を
楽しんで下さいね。

5 実行する日程を決め、準備にとりかかる。

ここはとても大切なのですが、一緒に過ごす相手がいるとしても、自分の中で
は実行する日程を○月○日と決めておいて下さい。手帳やカレンダーに書き込
んでいつも意識しているだけでも、毎日が楽しくなりますよ。

さらにいつまでに、一緒に過ごす相手にお誘いをかけるのか、いつまでに予定
を確定させるのかを決めておいて下さい。

万一、予定を確定させる日までに、彼氏がみつからないなど、相手がみつから
ないときは、お友達を誘ったり、ひとりでも、予定を確定して実行した方がい
いですよ。理想にこだわりすぎて何もしないよりも、少し妥協をしてでも、実
現させた方が、理想に大きく近づいたことになりますからね。もしかしたら、
その行った先で、素敵な彼との出会いがお待ちかね♪なんてこともあるかもし
れませんし、最悪でも「次は彼氏と来よう!」そう思えるだけでも素敵なこと
です。

さらにイメージしていただいたことを具体的に実行するために必要な準備、情
報を集めたり、予約をしたりと、行動にうつしてみて下さい。はじめは、無意
味な感じがあるかもしれませんが、行動しているうちに少しずつ自信がついて
、本当に実現するような気持ちになってくるでしょう。

というわけで、楽しみ上手な方からすると、とても当たり前なことだと思いま
すが、心のエクササイズに、現実の行動をあわせていただいて、どうぞ素敵な
秋をお過ごし下さいね!!


from Mikio Shimizu

2004年4月 2日

選択に責任を持ってみよう

私たちは、「責任」という言葉を聞くと、嫌な気持ちになってしまうことも
少なくはないようです。

プレッシャーが、かかってしまったり、重い荷物をまた一つ増やした感じが
したりとしまいストレスがかかりやすくなるようです。

もちろん、子供ができてパパとして、ママとして責任ができた感じがする、
だから頑張ろうとモチベーションになる場合もあります。

しかし、仕事でお給料は増えないないのに責任ばかり増えていくとか、
「責任を取ってくださいね。」と誰かから責められたりなどの嫌な経験があ
ると、その時の嫌な感覚と責任という言葉が心の中で結びついてしまい、
責任=嫌な感じ と心の中で出来上がってしまうことがあります。
そうすると責任という言葉を聞いただけで、嫌〜な感じがしてしまうのです。

そんなストレスを感じやすい言葉にとらわれがちな責任という言葉ですが、
逆にこの責任という考え方を積極的に取り入れることで、ストレスを減らす
こともできます。

それは、自分の選択に責任を持つという考え方です。

あの人がいるせいで会社に行くのが嫌になったから、会社を辞めることに
なった。
あの人があの時に私を傷つけるようなことを言わなければ、今頃別れては
いなかった、別れて苦しいのはあの人のせいよ。
というように私たちは、物事の結果を人のせいにしてしまいがちです。

確かに他人のせいという要素もあると思います。
しかし、この考え方ではストレスが溜まる一方になることがあります。

その時はこう考えてみて下さい。
会社を辞めると決めたのは私の選択なんだ。
別れを決めたのは私の選択なんだ。別れを承諾したのは私の選択なんだ。
というように物事の結果は自分の選択が絡んでいることを意識してみてく
ださい。

私たちは無意識にいろんな選択をしています。
小さな無数の分岐点に立ち、その度に選択をしてきて、その小さな選択が
つながり続けて今の自分がいます。今の結果があります。

だから、自分で選んだ選択に責任を持とうと思ってみてください。
この考え方を取り入れることができれば、ストレスを軽減できる局面が増え
てきます。
後悔という気持ちや、相手を責めたいような気持ちが出てくることが減って
いきストレスが溜まりにくくなります。

お試しください。

from Hiroki Hara