2006年9月30日

成功するために、受け取っておきたいこと。

あなたにとっての「成功」ってどのようなイメージがあるでしょうか?
ビジネスを拡大し、多くの人を幸せにする事かもしれません。
大切な人と結ばれ、温かく、みんなが集まる過程を築く事かもしれません。
小さな命を育てながら、生まれてきた喜びを噛みしめることかもしれません。

人それぞれ成功の形は異なり、また、たくさんの種類の幸せがあります。
上で紹介した3つの成功例、その全てを受け取ってもいいのです。

あなたがもし、そんな夢や成功を受け取ることを自分に許せたとき、
あなたはどんな表情、どんな気分で毎日を過ごしているでしょうか?

とても輝いていて、内からも外からも魅力が溢れているかもしれません。
自然な笑顔で、友達がたくさんいて、そして、いろんな人に喜びを与えて
毎日を楽しんでいるかもしれません。

あなたがそんな素敵な男性・女性になったとき、誰が喜んでくれるでしょうか?
そんな人達をリストアップしてみましょう。
あなたが幸せになったとき、嬉しそうな表情をしてくれそうな人。
できるだけ具体的に名前を挙げ、その人の顔を思い浮かべてみましょう。
もちろん、今はもう会えない人の名前が出てきてもかまいません。

お父さん、お母さん、お姉ちゃん、親戚のおじさん、おばさん、
いとこのお兄ちゃん、けんちゃん、・・・、それから、友達のかずちゃん、
こうちゃん、たけし、きくお、同僚のまなみ、さとる、てらお、そして、
大切な恋人のテルに、前の彼氏のアキ・・・etc...

実はそのリストに挙がるのは、あなたが愛し、また、あなたのことを愛して
くれた人たちです。
その愛し方がどういう方法だったかは分かりません。
でも、あなたが幸せになったとき、喜んでくれる人たちというのは、あなたに
とってはとても大切な人で、また、彼らにとってもあなたは大切な存在なのです。
あなたは知らないうちに、どこかで、そのことを知っていました。
受け取っていたんです。意識しないところで。
そして、たくさん愛していたんです。彼らのことを。

今日はそのことに気付く一日にしましょう。
そして、そのとき、あなたにとっての成功が、自分一人のものではなく、
みんなのものであることにも気付けるでしょう。

そして、その時、あなたの中から全ての孤独感は消え去り、そこで感じる
繋がりが更にあなたを成功に導いてくれるでしょう。
成功への道は、一人で進むものではありません。
あなたが愛し、あなたを愛してくれる人たちと共に進むものなのです。


from Hiroyuki Nemoto

2006年8月28日

ハグをしよう!

ハグというのは、「抱擁」と訳されますが、外国の人が、あいさつの時に抱き
合うアレです。
日本ではあいさつでハグをする習慣がないので、余り日常で目にしたり体験す
ることが少ないかもしれません。

想像がつきにくいかもしれませんが、ハグをする(される)と気持ちいいので
す。
海外ではハグセラピーと呼ばれる癒しの方法として使われることもあるほど、
ハグには不思議な力があるようです。

そこで、今日ご紹介したいエクササイズは、ズバリ、「ハグをする」です。

ハグをすると、相手の体温や、鼓動や、いろいろなものを感じることができま
す。
体と体をくっつけることで、2人の距離はとても近く感じられます。(物理的に
すごく近い距離ですよね。)

この時に、ハグをすることよりも「感じること」に意識を向けてみましょう。

つながりや絆と呼ばれるものや、親密感というものも感じることができるかも
しれません。

ただ、街中で知らない人にいきなりハグをすると大変なことになってしまうの
で、今回は、イメージの中でハグをしてみましょう。

イメージの世界は自由な世界ですので、誰とでも好きなだけハグをすることが
できます。あなたの他に誰も見ていないので、恥ずかしくもありません。
心ゆくまでハグを楽しんでください。

さらに、イメージの世界ならではのものとして、つながりの部分もイメージし
てみましょうね。


<エクササイズの進め方>

・ハグをしたい人を1人思い浮かべましょう。

・軽く目を閉じて、その人を思い浮かべて見ましょう。
 あなたとその人との間には、どれくらいの距離があるでしょうか?
 (その距離が、2人の間の心理的距離になります)

・そして、あなたのハートから、金色の橋が相手のハートに届くようにイメー
ジしてみてください。

・金色の橋が相手のハートに届いたら、相手との距離はどれくらい近くなりま
すか?


※相手の人があなたの目の前に近づくまで繰り返してください。


・相手の人があなたの目の前まで近づいてきたら、今度は、金色の橋が、相手
のハートからあなたのハートに届くイメージをします。

・相手の橋があなたのハートに届いたら、その相手とハグをしましょう。

・そして、あなたの体と相手の体が一つに溶け合うイメージをします。

・完全に溶け合って一つになったら、ゆっくり目を開けてください。


いかがでしたか?

イメージしにくいようでしたら、ハグをしても大丈夫な人と、ハグをしても大
丈夫な場所で、実際にハグをしてみるとわかりやすいかもしれませんね。


from Yoshinori Kimura

2006年7月29日

私の嫌いなところは・・・

ということで、今回のエクササイズ
「自分の嫌いなところは・・・」
です。

カウンセリングやここのエクササイズではよく、
『好きな部分をより好きになるところから』
といった類のものは多く、きっと嫌いなところを見つめていく事は少ないと
思います。
でも今回はちょっと視点を変えて、嫌いなところを見て、忘れていた感覚を
取り戻してもらえたらいいな〜
と、考えました。

嫌いな部分が全く無いという人は今回は傍観者でいいですよ(^−^)
少しでもある人は、参加してみて下さいね。

それでは最初に、自分の性格や習性で嫌いな部分を上げれるだけ上げてくだ
さい。
出来るだけ細かく。

自分のこと大嫌いという人、どうぞその大嫌いな部分を余すことなく箇条書
きでいいので、上げていってください!

☆人の話を聞かない
☆すぐ諦める
☆暗い
☆怒りっぽい
☆ネガティブに物を捕らえる
☆人を信じられない
☆楽しくない
☆細かい
☆大雑把

などなど

私がそうなのですが、自分の嫌いな部分を見出すとすごく自分が情けなく
なってきます。
多分、多くの方が同じように鬱々とした気持ちになると思うのです。
今回は、情け無いやら嫌いやらの感情は、ちょっと横に置いといてください。

そして次に、書き上げた項目の横に家族の中でそんな性格の人は誰か?と言
うのを書き上げていってください。

☆人の話を聞かない----母
☆すぐ諦める---------母
☆暗い---------------父
☆怒りっぽい--------母
☆ネガティブに物を捕らえる---------父
☆人を信じられない---------父
☆楽しくない------------父
☆細かい--------母

という具合に。
もちろんお父さんお母さんだけでなく、おじいさんやおばあさん、おじさん
おばさん等、
よく関わっていた人たちが出くると思います。

ここで、一般的に出てくるのが、
「○○のせいで私はこんな性格になった」
という、恨み辛み等など。しかし今回は、これまたそれらの感情は横に置い
ときます。

そこで、ふと考えて欲しいのが、
「どうして自分はその人たちと似た性格になってしまったのだろう?」
ということです。

どうしてだと思いますか?

「その人たちのことが好きだったから」
だと思うのです。
その人たちの事を大好きな時代。その人たちのマネをして近づこうとした時
代。

センスあるな〜とか、魅力あるな〜って思う人(それは芸能人かもしれない
し友達かもしれないけれど)
そんな人になりたいと思って意識してマネした事は無いですか?
それと同じように、自分の嫌いな部分も誰かのマネているのかもしれません。
マネるという行為、その対象は好きな人に限ると思うのです。
嫌いもののマネなんて(それが意識的でも無意識的でも)しようと思わない
と、私は思います。

性格は好きじゃないけど、その人の事は大好きだった。
そこを今回は感じてもらいたいのです。

そっかぁ、好きやったんやぁ〜

嫌いな部分から、純粋に好きだった時代を思い出してもらえたら嬉しいです。


from Kazuyo Kino

2006年2月24日

愛をみつけよう

私たちが悩みや問題を抱えているとき、その多くは、愛、つまり、
優しさや思いやりが欠乏していることが、原因だと言われています。

自覚していても、無自覚でも、自分の心に愛、優しさ、思いやりが、
届いていない、と不平不満を感じていて、周囲にもっと自分に、
優しくすべきだ、思いやってほしいと密かに、またはあからさまに、
主張している姿が、悩みや問題を抱えた状態だととらえることが、
できるからです。

解決方法はわかっていても行動できないと感じてしまったり、
悩みや問題をクリアした後に、ふりかえってみると、何であんなことで
悩んでいたのだろう?と解決方法が意外とシンプルであったりするのも、
そのためです。

本当は、愛、優しさ、思いやりは、私たちの身近なところに、
ありふれているのですが、ただ、それに気づかなかったり、心の中に、
届かなかったり、届いていても、それを知らず知らずのうちに、
自分自身が、拒否していたりしていることが多いんです。

悩んでいるときにはどうしても気づきにくいものなので、仕方がないと
いえるんですけどね・・・。

今回のエクササイズは、身近にあふれている愛を、少しでも、
みつけていただこうという思いから、作成しました。

紙もペンもいりません。日常生活の中で、思い出したときに、少しだけ、
気をつけて過すだけの簡単エクササイズですが、身についたものは、
机上のものではなく、すべてあなたのリアルな気づきになります。

ありそうなものを具体的に挙げてみますね。

・職場に愛がないと思っている、あなたに、いつもあいさつをしてくれる
 お掃除のおばちゃんの愛。

・あなたの面倒を見てくれている、叱ってくれている、ご両親の愛。

・バレンタインにチョコを配ってくれた、女性社員さんの愛。

・なんだかんだ言いながら、あなたの仕事の管理をしてくれている、
 上司の愛。

・不満を抱えながらも、あなたを慕ってくれる部下の愛。

・あなたの存在をいつも気にかけてくれる、または求めてくれる、
 友人、知人の愛。

・少しずつ、近づいている春のあたたかさや花や自然の中にある愛。

・あなたが安心して仕事に集中できるよう、毎日あたりまえのように、
 家事をしてくれている奥様の愛。

・いつもあなたの生活費を稼いで身を粉にして働いてくれている、
 ご主人の愛。

・どんなに怒っても、ちゃんと自分を求めてくれる、わが子の愛。

・せわしく道を歩いているときに、チラシを配ってくれるアルバイトさん
 の愛。

・いつも聴いているミュージシャンからの愛。

・いつもメールを送ってくれる、恋愛相手からの愛。

見つけられた愛は、その相手から与えられた愛であるとともに、
みなさんの心の中にある愛を、映し出しているわけですから、
自分の心の中の愛を、みつけたといえるんです。

みつけた愛を、感じて、その愛に感謝する気持ちをもつと、さらに、
あなたの、心の中の愛は広がっていき、愛を見つける感性が、
少しずつ高まっていきます。

この時期、現れつつある、春の兆しをみつけるような感覚で、あなたの、
心の中にある愛、身近にありふれる愛を、わずかでも感じていただけたら、
うれしいです。


from Mikio Shimizu

2005年10月29日

自分宛に手紙を書く

もしあなたにパートナーがいれば、パートナーからあなた宛の、
家族がいらっしゃれば、家族の誰かからあなた宛の、
または、あなたの大切な友人からあなた宛の手紙を書いてみましょう。

最初に自分の名前を書いて、その人になったつもりで手紙を書いてみましょ
う。
僕なら「根本裕幸様へ」で書き始め、手紙の最後は「妻より」にしてみます。

できるだけその相手になりきることがポイントです。
あいつだったらこんな風に書くかな?という見方をしてみましょう。

その手紙が書きあがったら、あなたの住所を書いてポストに投函します。
(現実に郵便が届くのがまずい場合は封をして数日置きます。)

その翌日か翌々日にはあなたの家に届くはずですね。
それを受け取って中身を読んでみましょう。

その時、あなたはどのような気持ちでその手紙を読み、
また、何を感じるでしょうか?

このエクササイズによって新しい気付きと視野の広がりを体験できます。
特に数日期間を置くことは一種の熟成に当たり、より客観的な感覚で、
その手紙に向き合えるのです。
(そう、まるで本当にその相手から手紙が送られてきたような・・・)

あなたは手紙を読んで、今まで当たり前なこととして見過ごして来た相手の
気持ちを深く受け取れるかもしれません。

相手が感じているあなたへの愛情に気付いて心が震えるかもしれません。

また、その相手にまだあなたが与えられる何かを発見できるかもしれません。

少なくとも普段とは違った気持ちと、相手の人へのより深い“想い”を実感
できるのではないでしょうか?

そして、きっと今よりも深い繋がりを感じられることでしょう。


from Hiroyuki Nemoto

2005年4月30日

相手の目になってみよう

どうして、うまく伝わらないんだろう?
うまくコミュニケーションとれていないなあ・・

会話でつまづくときってありますよね。
親子や夫婦、恋人や友達、職場の上司に部下、ご近所さん・・などなど。
そういうときは、大なり小なり相手に察してほしいという期待が
隠れているものです。

理解してもらいたいあまりに
「どのように伝えるか」と自分の言葉ばかりに意識が向いてしまい、
「どのように伝わっているのか」相手がどのようなメッセージを
受け取っているのかを見る余裕がなくなるんですね。

また一見「どのように伝わっているのか」相手を見ているつもりでも、
実は相手の目に映っている自分のことばかりが気になっていて
全く見ていなかったことも少なくありません。


今日は相手の目になってみるエクササイズをやってみましょう。

いすを3つ用意してくださいね。
「自分」「相手」「第3者」のいすです。
「自分」と「相手」のいすはお互いに向き合わせてください。
それを眺めるように「第3者」のいすを配置します。

可能であれば、実際に会話する状況に近い場面設定をしたほうが
よりリアルに感じられていいかもしれません。
たとえば親子や夫婦であればいつも座っている食卓やソファを使ったり、
友達であれば行ったことのある喫茶店でやってみてくださいね。

そして気になっている会話をひとつ選んでください。

1.最初に「自分」のいすに座ります。

 そのときの状況を再現してくださいね。
 できるだけありありとイメージしてみましょう。
 目の前の相手に対して、どのような気持ちが出てきましたか。
 どのように相手に伝えているでしょうか。

2.一度別の動作(水を飲む、トイレに行くなど)を入れて
  今度は「相手」のいすに座ってみましょう。

 そして、相手の目になってさきほどの「自分」をただ眺めてみてください。
 違う人を見るように「自分」を見るのがポイントです。
 目の前の「自分」はどんな表情をしているでしょうか。
 それを見てどんな気持ちになるでしょう。
 「自分」の言葉はどのような響きを持ってあなたに届いているでしょうか。
 それを聞いてどんな感情があがってきますか。

 別の動作は頭をリセットするために行います。
 
3.また別の動作を入れて
  次に「第3者」のいすに座ってみてください。

 「自分」と「相手」が会話しているところをイメージしてくださいね。
 二人の会話はあなたの目にはどのように映るでしょうか。
 それを見てどんな気持ちになりますか。

 第3者のいすに座ることによって、
 さらに違った視点で二人の会話を眺めることができます。

4.別の動作を入れてふたたび「自分」のいすに座ります。

 今までの段階で何か気付きはありましたか。
 「自分」の言葉や態度それに乗せる気持ちを変えてみる余地があれば
 差し替えて再度伝えてみてください。
 そして2〜3を繰り返してくださいね。
 今度は「相手」や「第3者」はどのように感じたでしょうか。
 

頭だけで想像するのではなく、実際に体を動かして体感することで
より相手の目になることができます。
小さな気付きが相手とのつながりを感じることのできる大きな一歩になると
いいですね。

ながのひろみ の プロフィールページへ>>>

2005年1月28日

心と対話する

今日はいつもは意識しない心の部分に目を向けてみたいと思います。
心からのメッセージを聞いてあげてくださいね。
自分の中で滞っている部分が流れ始めるように・・・
その答えは自分自身の中にあるのですから。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
心の声を聞くって言われても・・・?? という感じですよね。
あなたの心の声を聞こうと思った時、心臓の動き:『心拍数』に注目してみ
てください。

例えば、緊張している時などは、あなたの代わりに心の方が声を出してくれ
てますよね。
気が付いていますか?
心拍数を上げて、「緊張して力入ってるよ〜。」「怖いよ〜って。」

そんな時は心の声を聞きたくなくても、聞こえてくるんですよね。
「どきどき」って・・・。
でも、普段は意識してあげないと心がどんな声を発しているかよくわからな
いものです。

そこで、今日は心の声を聞く練習をしてみましょう。
心の声に耳を傾ける事で、自分が無理をしてしまっているとか、迷っている
時などに、本当はどうしたいのか、どうしたらいいのかということが見えて
くるようになると思います。

また、心の声に耳を傾けることで、選択した答えを自然に受け入れられたり、
その選択が今までよりも楽に出来る方法だったりもしますので、良かったら
試してみてくださいね。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
まず、今の何もしていない時、あるいは、リラックスしているときの心拍数
を感じてみてください。
どんな心拍数ですか?

このテンポと言うのは、あなたにとっての心地よいリズムにもつながってき
ますので音楽を聴いたり、歩いたり・・・
そんな時のために、なんとなく頭の隅にでも置いておいて下さいね。

もし、遠慮がちな心の声の方でしたら、胸に手を当てて聞いてあげてくださ
いね。


次にあなたが子供の頃大好きだった本を1冊用意してください。
手に取った時はどんな心拍数ですか?

これを読み終えたときの心の声と比較してみてくださいね。
あなた自身が読んでいると同時に、心でも一緒に読んでいるんですよね。

独りで読んでいた時との違いや感動や気持ちの動きは違ったでしょうか?
また、読み終えたときと読む前ではどう違ったでしょうか?

その感覚が、心と対話して自分自身の中と繋がった感覚でもありますよね。

今回は心の声が大きくなるように大好きな本でやってみたのですが、
良かったら普段からも心からのメッセージを受け取ってみてくださいね。

from Harumi Watanabe

2004年10月23日

誰かを好きになる

もし、今、あなたにとって、「好きだ」と思える人がいるとしたら
、それほどあなたを成長させ、幸せにすることはありません。

もし、今、あなたにとって、「好きだ」と思える人がいないとした
ら、これほど寂しいことはありません。

僕たち人間が誰かを、または何かを好きになるということは、それ
だけで僕たちの心を時にはわくわくさせ、また、掻き乱し、そして
僕たちのハートを開く手伝いをしてくれます。


あなたには今、好きな人はいますか?

それはどんな人ですか?

どんな顔をしていますか?

やさしい人ですか?

強い人ですか?

怖がりでしょうか?

怖い人でしょうか?

どんな人でもいいんです。

あなたが好きな人なのなら。

その人はあなたを好きでいてくれるでしょうか?

それとも好きでいてくれないのでしょうか?

でも、あなたは好きなんですね。
その人が。


あなたに今、好きな人がいないとしたら。

ただ、好きな人がほしいと思うだけでもいいのです。

誰かを好きになりたいな。

あなたがもし、そう思ったのなら、それだけで、すでにあなたは、
誰かを好きになれる人、ということなのです。


もし、その人と繋がれないとしたら。

嫌いになることなどできないでしょう?

好きなんだから。

好きな人を、あなたが好きな人のままでいさせてあげてください。

そして、その人が、あなたのことを好きだったことを思い出してく
ださい。

その人が好きだったあなたのままでいましょう。

そうすれば、たとえ、あなたが繋がれなかったその人も、そしてあ
なたも幸せになれます。


あなたが、誰かに「好きだ」という気持ちを伝えたいと思ったら。

もっとその人を好きになってください。

もっとその人のことを考えてしまいましょう。

あなたが、その人が好きだという気持ち。

それがあなたのその人への最高の贈り物なのです。


あなたの「好きだ」と思う気持ちを大事に大事に育ててください。
それは、ただ、好きだと思うだけ。
簡単なようで難しい、難しいようで簡単なことですが、好きだと思
うことは、僕たちの心を豊かにしてくれる、とても素敵な気持ちで
す。


from Atushi Tamura

2004年2月 6日

感謝してみましょう

今回のテーマは『感謝』。

感謝の気持ちはその相手だけでなく、自分自身にとっても、とても大きな癒しをもたらします。

許せない人、

遠い存在の人、

なかなか近づけないあの人、

あなたに関わってくれている人、

そして家族、 恋人。

そんなあなたを取り巻くキーパーソン達に今日は感謝を贈ってましょう。

ただ、その人を思い浮かべながら「○○してくれてありがとう」と口にしてみるだけでOKです。

その言葉がハートから出た分だけ、あなたの心があたかくなり、その人を今までよりももっと近くに感じられるでしょう。

さらにステップアップしたい方は実際に言葉にして、その人に伝えてみるのも素敵なこと。

もっと深い繋がりを感じることができるでしょう。

ぜひ、お試し下さい。

 

from Hiroyuki Nemoto / counseling service