2006年11月25日

私の神様

私の経験上、絶望の淵にいる時、落ち込み過ぎているとき、『この世に神
も仏もいないんだ〜』と、思う事がよくあります。
そんなときに、「神様がいるとしたら、その神様は落ち込んでいるあなた
を見て、幸せになって欲しいと感じているんじゃないかな」なんて誰かか
ら言われても、「だって神様なんていないし、私に幸せになんかなって欲
しいとは思ってないし、そんなん関係ないわ〜」と、反抗的な気持ちが出
てくるものです。
そこで、今日はそんな反抗的な方々の為に、簡単なエクササイズです。

世間一般人の為の神様ではなく、「自分の、自分だけの神様」を、作って
しまいましょう!

これはあなたの神様です。あなたの事だけ見ています。

その神様は、どんな形をしてますか?
どんな声・音を発していますか?
どんな力・エネルギーを持っていますか?
お住まいはどちらでしょう?空でも海でも山でも土の中でもカバンの中で
も〜(^^)


どうぞ自由にイメージしてください。だって、あなたの神様だから。あな
た仕様の神様を作ってください。

そのあなたの神様はあなただけの神様なので、他の人には何の働きかけも
しないですが、あなたにいろんな幸せを感じさせてくれる存在です。

見上げた空、それはあなたの神様があなただけに見せたかった空。
耳にした音、それはあなたに聞かせたかった音。
目にした景色、あなたに見せたかった景色。

毎日ひとつ、あなたの神様があなたの為にしてくれた事を、書き出してみ
ましょう。

・朝、電車で男前と同じ車両だった
・お昼ご飯がおいしかった
・にきびが治った

何でもいいのです。

ちょっとした事で気持ちが上がる。
ハッピーの達人になるのです。

ほんのちょっとだけだけど、ギフトがいたるところで転がっています。
そのほとんどを気付かずに見過ごしていますよね。
意識する事。
自分の神様を作って、そのほんのちょっとのギフトをたくさん受け取って
みましょう☆


from Kazuyo Kino

2006年11月 3日

託されたバトン

過ぎ去って行く『今』を 100%生きて来たでしょうか。
同じ毎日は 2度とない。そうわかっていても、似たような毎日の繰り返しで、
ついついやっつけ仕事のように、毎日を過ごして来てしまっていませんか?

そこで今日は、『今』をしっかりと生きるためにも、あなたが持っている才能
をもう一度受け取ってみてくださいね。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
生まれてきたときに誰でも持っていますが、いろんな才能や天命というものを
実は、あなたも持っています。

才能は、あなたが持っている能力です。そして、才能を使う場所。これが天命
と言うか使命のような感じです。そんな才能なんて持ってないし、天命なんて
無い。と感じてしまうような方は、こんな風に考えてみてくださいね。

神様から受けた天命であったり、あなたと生まれ変わりに天に旅立った誰かが
やり残した使命を引き受けたように考えてみてはいかがですか。誰かがあなた
を信頼して、バトンを託したんです。

「使命」と聞くと、なんだかノルマのように感じてしまう方もいらっしゃるか
もしれませんが、その場所は、あなたがあなたらしく居られる場所でもあるん
です。あなたが存在するのにふさわしい場所です。


では、ゆったりとした時間を取ってもらって、少し心を落ちつけてから始めて
くださいね。
今日のポイントは何も考えずにやってみる。と言う事ですよ(^^)

心が落ち着いて着たら、エクササイズの前に、一つ思い浮かべて置いてくださ
いね。

心の中であなたにバトンを託した人をイメージしてみてください。
それは、神様ですか。
それとも、入れ違いに天に旅立った人でしょうか。
あなたのご先祖様でしょうか。
それとも、よく知っている人になるはずの誰かでしょうか。
それとも、全く別の人でしょうか。
あなたを信頼してくれた人が必ずいますから、その人が誰かを思い浮かべてみ
てくださいね。

では、エクササイズの本編を始めます。
目を閉じたほうがやりやすいと思いますので良かったら目を閉じて置いてくだ
さいね。

あなたの目の前に、この世と天を繋ぐ扉があります。それは、どんな扉ですか
?形や材質色などはどんな感じでしょう。
この扉に近づいて、ゆっくりと、この扉を開けてみてください。扉は、軽く開
きますか?重々しく開きますか?

扉を開けて中に入ると、中央部に光が円状に、とても優しく、そして大きく差
し込んでいます。
この光の中央に立って光に包まれてみてください。
どんな感じがしますか?


この光は、あなたにバトンを託した人から注がれている光です。あなたがどん
なに自分を信じなくても、絶望を感じていても、この光は信頼を送り続けてく
れます。今、自分の才能を見失ってしまっているとしたら、これを思い出させ
てくれます。大丈夫出来るよ。と。。。

この光を心に届けるために、すぐ側に「ムシメガネ」がありますので、手に取
ってみてくださいね。
このムシメガネを使って、光を集めて心に当ててあげると、光は優しく、強く
心に溶け込んで行きます。不安を全て溶かしてくれます。

この光を、ただ、感じて心に届けてあげてください。この光を受けるのに、一
番ふさわしいのはあなたなんです。あなた以外には居ないんですね。その人が
託したバトンの光。その人も見たかった希望の光をあなただけが、かなえる力
があるんです。

ただ、この光をあふれるほどに受けて、大きな光に包まれてみてください。ま
るで、あなたの才能を充電するかのように。
そして、いっぱい充電して、不安やネガティブな感覚が溶け切ったら、次のス
テップは、今の自分を信頼して、今の自分には出来ないと思っていたことに、
チャレンジしてみと言うことです。

そのチャレンジは、あなたの準備が出来た時に、やってみてくださいね。
あなたにバトンを託してあなたのハートから応援してくれている人と共に。


from Harumi Watanabe

2006年10月14日

気付きの力を磨くエクササイズ

●エクササイズの内容●
今ある当たり前の中から感謝を見つける
今ある幸せに気付くという内容です。

●エクササイズの解説●
感謝できることがあるのは、
幸せの一つ要素だと思います。

私たちは、感謝できることがあると、幸せな気分になります。

感謝できることが、いっぱい増えていくと、
幸せな気分も増えていきます。

現状の中から、感謝できることがあることに気付く、今ある幸せに気付く
ことを練習することによって、“気付きの力”を養っていくことが目的です。

いざと言う時の為に、
刀を(幸せに気付く力を)磨いておきましょう。


●エクササイズの手順●
1:普段、当たり前になっているけど、
  感謝できることを見つけてみましょう。
  できれば、いくつでも、あるだけ探してみてください。

  例)
 ・彼女にご飯を当たり前のように、作ってもらっているけど、
  ありがたいことだなぁー。

 ・普段は、彼がメールくれることを当たり前のように思ってるけど、
  改めて考えると、私の為にしてくれていて、ありがたいと思う。

 ・私の為に時間を作ってくれていること、当たり前のように
  思っているけど、良く考えたら、ありがたい。


2:普段、当たり前の中に隠れている、
  感謝を見つけることができたら、感謝する人(物)を想像しながら、
  その人(物)に伝えるつもりで、 声にだして“ありがとう”と
  行ってみましょう。


from Hiroki Hara

2006年5月20日

愛されている証拠を探そう

私たちが対人関係の中で持つ問題を、誤解を恐れずにひとまとめにしてしまう
のであれば、それは
「どうすれば相手に好かれるか?」
という事になるのではないかと思います。

問題があるときには、私たちは
「相手から嫌われるんではないか?」
「相手が自分から去っていくのではないか?」
「相手に受け入れてもらえないのではないか?」
という事に気を配り、
「このままの自分ではダメなのでは?」
「もっと頑張らなくてはいけないのでは?」
とプレッシャーを感じたり、ビクビクしたり、ぎこちなくなってしまったり、
時には自分とは別のキャラクターを演じて疲れて果ててしまいます。

この時私たちは自己評価のスタートラインを
「私は愛されない」「私は嫌われて当然」「私には価値が無い」
というような所に定めています。
これは自分に対してかなり厳しい評価です。
それはもしかしたら過去の辛い経験から生まれたものかもしれないし、身近な
誰かがそんな厳しい扱いをされていて「自分もそうなるのでは?」と恐れだけ
が先行してしまったのかもしれません。

その時から私たちは、事あるごとに「私が嫌われる理由」「愛されていない証
拠」を探して、そして見つけてしまいます。
決してその証拠が増えることを望んでいる訳ではないのに、そればかりが手に
入ってしまう・・・。この状況こそが1番苦しい事なのです。

そこで、今日のエクササイズは「自分が愛されていた証拠を探す!」です。

どんな裁判でも検察官と弁護士がいます。
(弁護士と弁護士の場合もありますね)
有罪の証拠を見つける役と、無罪の証拠を見つける役に役割分担されています。
でも私たちが「私は愛されない」という証拠を集め続けている時、それはまる
で弁護士なしで裁判を進めているようなものなのです。
検察官だけがひたすら有罪の証拠ばかりを論じる・・・。
そんな一方的な裁判では勝ち目はありませんよね?

「じゃあ実際、愛されていた証拠っ具体的にはどういうもの?」
と思いますよね?
それは何も特別な事でなくてOKなんです。

私の友達が以前、私の頭を触っていきなりこんなことを言いました。
「成井の頭は丸いなぁ〜。
それはきっと赤ちゃんの時に、誰かが頭の向きを変えてくれてたからやわ。」
その瞬間は一体何のことを言われているのかさっぱり意味が分かりませんでし
たが、その友達が言いたかったことはこうです。
今では赤ちゃん用の頭の枕がありますが、私が赤ちゃんの頃はまだそんな便利
なものは無くて、バスタオルを巻いたものが枕でした。
生まれたての赤ちゃんの頭蓋骨はまだ柔らかいそうなのですが、赤ちゃんは自
分では寝返りが出来ませんから、誰かが面倒を見てくれたはずなんです。
そこには「私が愛されていた」証拠があります。

私の父はあまり言葉やスキンシップで愛情を示す人ではありませんでした。
一緒にお出かけをしても、いつも自分1人だけスタスタと歩いていき、私は
「置いていかれないように・・・」と不安を感じ小走りになりながら追いかけ
た記憶があります。
しかし、父はスタスタと先を進んでいくのですが、ある程度距離が離れたら
「チラッ」と少しだけ後ろを振り返るのです。
そして見ただけでまたスタスタ行きます(笑)
「気になるんだったら子供の歩幅に合わせろよ〜!」って感じですよね?
でもあの「チラッ」こそが父の愛情表現だったんです。
分かり難いし、本当にささやかだし、そんなので伝わる訳ないだろ!(怒)と
も思いますが、その中にも「私が愛されていた」証拠を見つけることができま
す。

もしあなたが「すごい厳しいトレーニングを耐え抜いた!」という感覚なく、
気がついたら今のように当たり前に日本語を話せていたり、お箸を使えたり、
トイレに1人で行けたり、お風呂に1人で入れていたとしたら?
それは誰かが上手に、根気よくあなたに教えてくれた人がいるのです。
そこにも「私が愛されていた」証拠があります。

あなたの人生を「私は愛されていた」という視点から振り返ってみて下さい。
そして「私は愛されていた」という証拠をたくさん集めてみて下さい。
あの両親との関係の中にも、あのパートナーとの関係の中にも、あの過去の関
係の中にも、その証拠は埋もれています。
「愛されていた」という宝探しをしてみてください。
そして、宝が見つかれば見つかるほど、
「私は愛されて来たし、今の私も愛されているんだ!
私は愛されるにふさわしい存在なんだ!」
と今のあなた自身の自信に反映されてきますよ。


from Hiromi Narui

2005年11月12日

感謝の気持ちを思い出すために

50年間米国に住む叔母が来日して我が家にしばらく滞在していました。
彼女はカトリック教徒なので食事の前に必ず感謝のお祈りをしていました。
今日はこれをエクササイズに応用して紹介したいと思います。

心に関する本を読んでいると、“感謝しましょう”とか
“感謝することが大切です”などとよく書かれていますね。

“勉強しましょう”“仕事をしましょう”
これは勉強や仕事という行動を心掛ければできることだと思います。

でも感謝するというのは心の動きなので意図的に心掛けて起きるものでなく、
何かを感じてその思いを受け取るので(=感)
“ありがとう”と自然にお礼をいう(=謝)
ことができるものだと思うのです。

普段なかなか感謝する気持ちになれないなあ・・
最近感謝の気持ちを忘れているなあ・・という方へ
感謝することの感覚を取り戻す簡単なエクササイズです。


食事を始める前にやってみましょうね。

1.食卓についたら目の前の今日の食事を眺めてください。

2.何かピンとくる食材をひとつ選んでくださいね。
(仮にピーマンだとします)

3.そのピーマンはあなたに出逢うために今日ここにやってきたと思ってくだ
さい。
“こんにちは”と挨拶してみてくださいね^^

4.そのピーマンがここに来るまでの成長と旅路を思い描いてみましょう。

一粒の種から育ったのはどんな土地でしょうか。
まわりの景色はどんな風景だったでしょう。
地面から小さい芽が出たときの空は晴れていたでしょうか。
育てた人はどんな思いで育ててきたでしょうか。
どういう表情で見守っていたのでしょう。
ここまで成長するのにどのような季節を過ごしてきたのでしょう。
ここに来るまで幾人の人の手といくつの乗り物で運ばれてきたのでしょうか。
どれだけの時間を費やしてきたのでしょう。

(あまりむずかしく考えず思いつくまま自由に想像してみてくださいね)

長い旅路の果てにその日に全国から出荷された数多くのピーマンの中から
たまたまあなたにご縁があってあなたの元へやってきました。
前日に出荷されていたら・・店で違うものを選んでいたら・・
そのピーマンとは出逢えませんでした。

そして今日あなたを応援してくれるためにあなたの目の前にいます。
あなたをの健康を支えて生きる力になってくれるのです。

5.もしピーマンに声をかけるとしたら、どんな言葉をかけますか。


叔母が祈るときは、食事を作ってくれた人、共に食事してくれる人々、
そして食事ができる空間とそのひとときにも感謝していました。
3度の食事のたびに心から祈る姿をみて感心したものです。
そういう叔母はきっと受け取ることが上手な人なのでしょう。

あなたは何からそして誰からどんな思いを受け取りますか?]


from Hiromi Nagano

2004年11月 6日

悩みの中で・・・

僕達は、大きな不安があったり、大きな問題を抱えていると、そればっかり
に意識がいってしまって、悩みの中から抜け出せなくなってしまいます。
頭は、ぼうっとして、意識ももうろうと目の前のことすら見えない状態・・
こんな状態では、良い解決策も見つからないし、心も固まってしまいます。
そんな時、今 目の前にあるものを見てみましょう。

<今 私の周りにあるもの>

今、僕の目の前にはスタンドがあります。
長年使ってきたスタンドで、机の端にはさんで固定しています。
小さなスタンドですが、首は自由自在にくねくね回り、暖かい光で、僕に
明かりを与えてくれています。
今、僕は椅子に座っています。
高さ調節ができて、仕事のときは一番高くして座っていますし、リラックス
するときは、一番下まで下げて足を隣の椅子にあげて座ります。
六本の足でいつも僕を支えてくれています。

スタンドは電気がないと明かりはつきません。
家のそとには、その電気を届けてくれる配線が永遠と続いています。
それは大変な工事だったろうし、誰かが一生懸命作ってくれたものです。
その先は、どこかで今も電気を作ってくれている人や機械が存在します。
もちろん、昔 電気を発見した人や照明を発明した人もいます。

六本足の椅子の下はどうでしょう。
固いコンクリートの床が、僕や家具や家族を支えてくれています。
その下はどうだろう・・
マンションなんで下には隣人が寝ているでしょうが、その下はマンション自
体を支える基礎があります。
僕や隣人やマンションを支えてくれています。

その下には、大地。
これは、今 僕をそしてこれを読んでくれている人も支えています。
食物を与え、木を育み、水を貯え、・・・・・・

今 この瞬間も僕達は色んな物や人に支えられ生かされてるんだ、と感じるこ
とが出来たなら、もう一度その不安や問題を与えてる仕事、恋人、家庭、お金
人・・に、意識を戻してみましょう。
彼らが僕に与えてくれているものはないのだろうか?


嫌だ嫌だと思ってる仕事が、自分の本当にやりたいことを、お金を与えてサ
ポートしてくれている。
辛い思いばかりさせるパートナーは、自分が男性として女性として成長するのを
支えてくれているのかも。
足りない足りないと言ってるお金が、今日家族と食べた夕食を与えてくれたこと。
あなたが、絶対許せないと思った人と出会った本当の理由は、あなたが考えてい
ること以外にもあるかも知れない・・

そんな風に見えてきたら、そんな風に感じてきたら、いままでとは全然違う解決
策が見つかるかも知れません。


from Naoto Yoshihara

2004年2月 6日

受け取り上手になる

人生が上手くいく秘訣のひとつに“受け取れる”というのがあります。
HPの心理学講座やエッセイでも度々でてくる言葉で
耳にされることも多いかもしれません。

では、“受け取る”てどういうことでしょう?
相手の想いを大切にしてあげること。
喜んで反応してあげること。
自分の痛みよりも、相手の気持ちを尊重してあげること。
言葉で説明するのは、なかなか難しいですね。

例えば、恋人・友人・家族から、とても自分では買えないような
高価なプレゼントをもらったとしたら、あなたはどんな気分がしますか?
 「わぁ、嬉しい!!」
 「(遠慮気味に)…ありがとぅ。」
 「なんか悪いなぁ。。いいの?」
人によって反応はさまざまです。
自分の好きな人からもらったら嬉しいけれど、喧嘩した後や、
苦手な家族から貰うのはなんかなぁ、という人もいるかもしれません。

でも、もしあなたがプレゼントを与える側だとしたら、
上の三つの反応はどのように感じるでしょうか?
もちろん、「嬉しい!」て素直に喜んでもらえるのが一番嬉しいですよね。
自分の気持ちを受け取ってもらえるような気がしませんか?
それだけ喜んでくれるなら、またしてあげたいな、て思うものです。
こちらも与えやすくなりますよね。

でも、二番目三番目の反応はどうでしょう?
相手が遠慮して受け取ってもらえないと
何かこちらも悪いことをしたような気分になってしまいます。
すごく相手のことが遠く感じてしまいますよね。

私達は、痛んでいる時、ひどく自分を責めている時、
「受け取る」というのがとても怖くなってしまいます。
本当は相手を傷つけたいわけではないんですよね。
でも、自分自身を責めることに一杯で、周りの人が与えてくれ
る小さな想いを見落としてしまったりします。

でも、今日はちょっと顔を上げて、
誰かの想いを受け取ってみましょう。
勇気を出して「ありがとう。」ていってみましよう。

誰かがあなたのことを誉めてくれた時、
「そんなんじゃないから…」て遠慮していませんか?

大好きな人が「好き」といってくれた時、恥ずかしくなって
上手にそらしてしまいませんか?

なかなか忙しくて会えない彼と久しぶりにデートできる時、
いつもの不満がでてきて、せっかくの彼との貴重な時間を
楽しむこと忘れていませんか?

「そうそう、受け取ってもらえないんだよね。」て思う時、
あなた自身も、与えるばかりで、自分の価値を受け入れること
忘れていませんか?
いつも自分のことをちっぽけに扱っていませんか?

完璧じゃない!て思う時、すべてを否定してしませんか?
それはあなたにとって100%ではないかもしれないけれど、
でもほんの数%でも受け入れることができたら、
人生は必ず動いていきます。

受け取ること。
それは、あなたが愛されるだけではなくて、
周りの人を愛してあげられる力にもなります。

あなたも受け取り上手を目指してみて下さいね。


from Junko Shiota / Counseling Service